県政一般・報道提供資料

とりeco環境フェスタ〜楽しく始める!みんなで広げる!エコスタイル〜の開催

2018年09月13日提供 資料提供


提供機関

提供課等:生活環境部環境立県推進課   担当/係名:次世代エネルギー推進室 
電話番号:0857-26-7205  FAX番号:0857-26-8194

内容

県民、住民団体、事業者、行政等の各主体の連携・協働による環境先進県をめざした県民エコ運動「とりeco」の一環として、約50の環境実践団体等と連携し、地球温暖化防止、生物多様性、食品ロス、開山1300年を迎える国立公園大山の恵みなど、環境に関する幅広いテーマについて、子どもからお年寄りまで学び楽しめる普及啓発イベントを下記のとおり開催します。

1 名称

とりeco環境フェスタ〜楽しく始める!みんなで広げる!エコスタイル〜

2 日時

9月30日(日)午前10時〜午後4時

3 会場

米子コンベンションセンター 多目的ホール(米子市末広町294番地)

4 主な内容

(1)ステージイベント
子どもからお年寄りまで環境について学び楽しめるショーや実践活動の発表等を行う。
<主なもの>
・エコサイエンスマジックショー(キャラメルマシーン)
・とっとり環境杯プレゼンテーション審査会(8団体)
・省エネソング「it’s 省エネ TIME」の披露(Chelip)
・食品ロス削減の幼児向け寸劇(県連合婦人会)
・大山開山1300年 紙芝居(伯耆・伝承隊)

(2)体験・展示ブース(約30団体)
環境実践活動を行う団体・企業等が、エコを楽しく学び体験できるブースを出展する。
<主なもの>
・太陽光で動く列車/子どもの乗り物(とっとり自然環境館)
・エコ工作ワークショップ(エフピコ上田ほか)
・タッチングプール(中海再生プロジェクト)
・バスの乗り方教室(日ノ丸バス)  
・都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト
・フードドライブコーナー

(3)飲食ブース(約10団体)
食品ロス、地産地消などをテーマにした飲食ブース(リユース食器を活用)を出展する。


<参考>県民エコ運動の概要
 本県は、使用済み割り箸やペットボトルのキャップのリサイクル運動など、全国でも先進的な活動が行われてきた、環境への関心が高い地域である。こうした地域性を活かしながら、全県挙げ地球温暖化対策を盛り上げていくため、平成29年度から「地域ぐるみのエコ活動実践」の県民運動を展開している。2年目となる平成30年度は、地域ぐるみのエコ活動実践をさらに広げていくとともに、県民運動の統一ロゴや月ごとの共通テーマを設定すること等により、県民の皆さんがより一体感を持って環境実践に取り組む運動への発展を目指している。

参考資料

チラシ



最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。