県政一般・報道提供資料

平成30年度鳥取県水防訓練の実施

2018年05月15日提供 資料提供


提供機関

提供課等:県土整備部河川課   担当/係名:管理担当 
電話番号:0857-26-7383  FAX番号:0857-26-8132

内容

洪水による大規模水害の発生を未然に防止し、被害を最小限にくい止めるためには、ハード事業、ソフト事業の推進はもとより、それぞれの地域における水防活動が重要な役割を担っており、この水防活動は、関係機関との密接な連携のもとに迅速かつ円滑に行う必要があります。
 このたびの水防訓練は、県管理河川である佐陀川(さだがわ)における洪水を想定し、国土交通省、水防管理団体を始めとする関係機関及び地域住民の参加のもと、情報伝達、水防工法、人命救助、避難訓練等を行うことにより、関係機関の意識高揚を図り、水防工法技術の向上に努めるとともに、地域住民に対し水防に係る普及活動を図り、水防体制の確立を図ることを目的として実施します。
 なお、訓練当日は訓練の状況等を上映するモニターを各テントに設置した上で、手話通訳の映像を挿入して情報保障を行います。

開催日時

平成30年5月20日(日)
午前9時〜正午(小雨決行)

場所

日野川右岸河川敷(米子市古豊千、山陰道上流)

日程

(1)開会式(午前9時〜9時20分)
挨拶鳥取県知事、米子市長
来賓挨拶鳥取県議会議長

(2)訓練(午前9時20分〜11時50分)
主な訓練と参加機関
要配慮者施設避難訓練(特別養護老人ホーム博愛苑)
住民避難・避難誘導訓練(米子市大高地区自治会、警察、米子市消防団)
要配慮者施設、住民避難訓練の模様は会場に設置したモニターに上映します。
水防工法訓練(西部市町村水防団、鳥取県西部建設業協会)
人命救助・救出訓練(自衛隊、警察、西部消防局、日赤鳥取県支部)
救護所開設・救難訓練・トリアージ訓練(日赤鳥取県支部、鳥取大学)
ヘリコプターによる孤立者救助訓練(自衛隊)等

(3)閉会式(午前11時55分〜正午)
・講評鳥取県県土整備部長

主催

鳥取県

参加予定団体(35団体、約800名)

鳥取県警察本部、米子警察署、中国管区警察局鳥取県情報通信部、陸上自衛隊第8普通科連隊、日本赤十字社鳥取県支部、米子市赤十字奉仕団、南部町赤十字奉仕団、鳥取県西部安全赤十字奉仕団、国土交通省日野川河川事務所、鳥取県西部広域行政管理組合消防局、米子市消防団、境港市消防団、日吉津村消防団、大山町消防団、南部町消防団、伯耆町消防団、日南町消防団、日野町消防団、江府町消防団、鳥取県西部建設業協会、鳥取大学地域安全工学センター、米子市、境港市、日吉津村、大山町、南部町、伯耆町、日南町、日野町、江府町、鳥取県水防本部(河川課)、西部総合事務所米子県土整備局、西部総合事務所日野振興センター日野県土整備局、米子市大高地区自治会、特別養護老人ホーム博愛苑

参考資料

水防訓練の実施



最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。