県政一般・報道提供資料

全国瞬時警報システム(Jアラート)の令和2年度全国一斉情報伝達試験の実施

2020年07月30日提供 資料提供


提供機関

提供課等:危機管理局危機対策・情報課   担当/係名:危機管理・訓練担当 
電話番号:0857-26-7878  FAX番号:0857-26-8137

内容

緊急時における住民への迅速かつ確実な情報伝達に資するよう、Jアラートの令和2年度全国一斉情報伝達試験(試験放送)を下記のとおり実施します。

1試験の概要


(1)実施日時
 令和2年8月5日(水)午前11時から
(2)実施団体
 原則として、Jアラート受信機を運用する全国全ての地方公共団体
(3)内容
 内閣官房から試験情報が配信され、自動起動できる情報伝達手段(同報系防災行政無線等)で正常に放送等が行われるかを確認するもの。

時間
放送内容
午前11時
「これは、Jアラートのテストです。」
×3回(県関係施設内においては2回)

1.市町村
 同報系防災行政無線を自動起動させ、屋外拡声器(スピーカー)等による情報伝達試験(試験放送)を実施。
2.消防局・県関係施設
 ・消防局、県庁舎、その他県関係施設において原則、館内放送等を実施。
 ・あんしんトリピーメールの試験配信を実施。
あんしんトリピーメールの内容
備考
件名
国民保護情報の配信について「国民保護情報」のカテゴリーを選択している方のみに配信
本文
こちらはあんしんトリピーメールです。
【J-ALERT受信機(113)からの自動送信メールです。】
「即時音声合成」
 2020年8月5日11時
これは、Jアラートのテストです。
対象地域:都道府県
(機械から送信していますので返信はできません。)

情報発信:鳥取県危機管理局

2その他

気象・地震活動の状況等によっては、試験を中止する場合があります。

(参考:Jアラートとは)
弾道ミサイル情報、津波情報、緊急地震速報等、対処に時間的余裕のない事態に関する情報を人工衛星等を用いて国(内閣官房・気象庁から消防庁を経由)から送信し、市区町村の同報系の防災行政無線等を自動起動することにより、国から住民まで緊急情報を瞬時に伝達するシステム。
※Jアラートの音声方式について
即時音声合成方式:内閣官房において事態に応じて作成した伝達内容(文字データ)を送信し、受信機において音声を合成し、即座に同報系防災行政無線から放送する仕組み。



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。