県政一般・報道提供資料

「第4回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の映像及び実績報告書を公開!

2018年01月09日提供 資料提供


提供機関

提供課等:福祉保健部ささえあい福祉局障がい福祉課   担当/係名:社会参加推進室情報アクセス担当 
電話番号:0857-26-7682  FAX番号:0857-26-8136

内容

 昨年10月1日(日)にとりぎん文化会館で開催した「第4回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」(以下「大会」という。)で高校生が披露した手話パフォーマンスをはじめとする大会の全ての映像を「手話パフォーマンス甲子園☆動画チャンネル」(You Tube)に公開しました!
 また、大会の結果や出場した高校生の生き生きとした様子など、大会の全てが分かる実績報告書(冊子版)の電子データを大会公式サイトに公開しました!
 いずれも高校生の真摯な思いや喜怒哀楽を臨場感豊かに編集し、大会の魅力を伝えるものですので、是非、ご覧ください。

1 公開した大会映像について(全て無料で視聴可能!)

(1)映像の内容
 ア 出場全20チームの高校生の演技(出場チーム及び演技内容等は、別紙1のとおり。)
  ※ 著作権の関係上、CD音源については一部了解が得られた楽曲を除き、音声を消しています。

 イ 開会式
 (ア)主催者挨拶(平井知事)
 (イ)来賓挨拶(一般社団法人全日本ろうあ連盟 石野理事長、日本財団 吉倉常務理事)
 (エ)選手宣誓(田鶴浜高等学校(石川県)2年 石黒亜友美さん)
 (オ)優勝旗返還(熊本聾学校(熊本県)2年 中村 美南海さん※前回大会優勝校)

 ウ アトラクション
 (ア)手話教室(早瀬 憲太郎さん(演技司会)、山根 千佳さん(ゲスト))
 (イ)ゲストパフォーマンス(SoulImpression × SoulOBOG(ソウルインプレッション))

 エ 表彰式
 (ア)優勝(奈良県立ろう学校(奈良県))
 (イ)準優勝(杏和高等学校(愛知県))
 (ウ)第三位(大泉桜高等学校・立川ろう学校(東京都))
 (エ)審査員特別賞(真和志高等学校(沖縄県))
 (オ)全日本ろうあ連盟賞(熊本聾学校(熊本県))
 (カ)日本財団賞(鳥取城北高等学校(本県))
 (キ)鳥取県聴覚障害者協会賞(田鶴浜高等学校(石川県))

 オ 閉会式
 (ア)審査員長による講評(庄ア審査員長)
 (イ)閉会挨拶(公益社団法人鳥取県聴覚障害者協会 下垣理事長)
 (ウ)フィナーレ(大会公式テーマソング「僕が君の耳になる(HANDSIGN)」)

(2)公開先
  https://www.youtube.com/user/skoushien
  (手話パフォーマンス甲子園☆動画チャンネル(You Tube))

2 公開した実績報告書について

(1)実績報告書の構成
  別紙1のとおり(全36ページ)

(2)実績報告書の公開先URL(大会公式HP)
  https://www.pref.tottori.lg.jp/secure/1101171/jissekihoukokusyo_4th_taikai.pdf

3 大会概要

(1)開催日時  平成29年10月1日(日)午前9時15分から午後5時まで
(2)開催場所  とりぎん文化会館 梨花ホール(鳥取市尚徳町101番地5)
(3)演技内容  高校生による手話を使った歌唱、ダンス、演劇、コントなどのパフォーマンス
(4)出場チーム 予選参加申込みのあった54チーム(55校)(27都道府県)のうち、予選審査を通過した20チーム(21校)(14都道府県)の精鋭が大会に出場した。(別紙1のとおり)
(5)来場者数   約1,800人
(6)大会の観覧  自由席(入場無料)
(7)表彰内容   1(1)エに同じ。

【別紙1】大会出場チーム一覧及び演技内容

【別紙2】大会実績報告書の構成

○大会実績報告書



最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。