県政一般・報道提供資料

「MONOZUKURIエキスパート」構築検討事業 第1回全体会議の開催

2018年09月11日提供 資料提供


提供機関

提供課等:商工労働部雇用人材局産業人材課   担当/係名:高度技能開発室 
電話番号:0857-26-7672  FAX番号:0857-26-8169

内容

鳥取県は、ものづくりに係る高度熟練技能とAI(人工知能)活用に関する知識やスキルを有し、製造現場の生産性向上を推進する実践人材「とっとりMOM(Master Of MONOZUKURI)」を育成するため、新たなキャリアアップ体系「MONOZUKURIエキスパート」の検討に取り組んでいます(H30新規「MONOZUKURIエキスパート」構築検討事業)。
この取組を進めるため、製造現場の人材育成やAI活用に先進的に取り組んでいる県内の誘致企業、地元企業及び学術・研究機関で構成するコンソーシアムの第1回目の全体会議を下記のとおり開催しますので、お知らせします。

1 日時

9月14日(金) 午後1時30分から4時まで

2 場所

とりぎん文化会館 第3会議室 (鳥取市尚徳町101番地5)

3 出席者

(1)コンソーシアム構成機関:
   ○誘致企業(本社機能一部移転企業)
    サントリープロダクツ株式会社、ダイキン工業株式会社、株式会社鶴見製作所※1
   ○地元企業
    気高電機株式会社※1、株式会社鳥取メカシステム※1、株式会社鳥取最上インクス※1
   ○オブザーバー企業
    川崎重工業株式会社航空宇宙システムカンパニー
   ○学術機関
    鳥取大学工学部、国立米子工業高等専門学校、鳥取工業高等学校、米子工業高等学校
   ○研究機関
    国立研究開発法人産業技術総合研究所人工知能研究センター
(2)AI活用モデル企業対象候補:(コンソーシアム構成機関で※1を表示した企業も対象候補に含みます。)
   株式会社グッドスマイルカンパニー、株式会社寺方工作所、ファミリーイナダ株式会社
(3)鳥取県:
   統轄監、商工労働部雇用人材局長 など

4 内容

【第1部】講演(コンソーシアム中核機関による人材育成やAIに係る先進的取組等の情報共有)
 〔講師〕サントリーホールディングス株式会社 
      取締役副社長 小嶋 幸次(こじま こうじ)氏
 〔演題〕「ものづくり」は「人づくり」
 〔講師〕ダイキン工業株式会社 役員待遇 空調生産本部 
      副本部長 長谷川 功(はせがわ いさお)氏 
 〔演題〕IOT・AI時代の次世代生産モデルの構築について
 〔講師〕国立研究開発法人産業技術総合研究所人工知能研究センター 
      副センター長 谷川 民生(たにかわ たみお)氏         
 〔演題〕AIの研究開発状況と今後の展望(仮)
【第2部】意見交換(AI活用モデル企業選定など今後の活動について意見交換)

5 その他

報道関係機関への公開は、第1部(午後1時30分から2時40分まで)のみとさせて頂き、講演時の投影資料等の撮影はお控えくださるようお願いします。講演時の投影資料及び第2部の意見交換については、企業の秘密情報に関することが含まれているため、ご了解のうえご協力お願いします。

参考資料

「MONOZUKURIエキスパート」のイメージ別添参照



最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。