県政一般・報道提供資料

米子保健所管内におけるカンピロバクターによる食中毒の発生

2021年01月25日提供 資料提供


提供機関

提供課等:西部総合事務所西部総合事務所生活環境局   担当/係名:生活安全課食品担当 
電話番号:0859-31-9321  FAX番号:0859-31-9333

内容

1 経緯

1月20日(水)午後0時40分頃、米子市内の医療機関から西部総合事務所(米子保健所)に、「下痢症状の患者1名を診察した。」との連絡があり調査を開始した。

2 調査の概要

 患者は「焼肉きくや 陽田店」で焼肉を4人で喫食しており、そのうち2名に同様の症状があったことを確認した。
 有症者の便からカンピロバクター・ジェジュニが検出され、診察した医師から食中毒発生の届け出があったこと、有症者の共通食事は当該施設での料理のみであり、この調理提供を行った施設を原因とする食中毒と断定し、本日「焼肉きくや 陽田店」対して、食品衛生法に基づき1月25日(月)から26日(火)の2日間の営業停止の処分を行った。
 なお、患者はすでに回復している。


(1)有症者:2名
(2)原因施設
  屋号:焼肉きくや 陽田店
  業種:飲食店営業
  所在地:米子市陽田町55−7
  営業者:岩田 勇
(3)病因物質:カンピロバクター・ジェジュニ
(4)原因食品:焼肉
(5)症状:腹痛、下痢、吐き気
(6)喫食日時:1月15日(金)午後6時30分頃
(7)発症日時:1月17日(日)〜18日(月)

参考資料

参考情報 カンピロバクターとは

家畜(牛、豚など)、家禽(鶏など)、ペット、野生動物などの腸管に分布しています。少量の菌量でも発症することがあり、主な症状は下痢、腹痛、発熱、頭痛などです。カンピロバクターによる食中毒を防止するためには、食肉を取扱った後はよく手を洗ってください。食肉を取扱った調理器具も使用後十分に洗浄消毒してください。また、食肉の生食は避け、中心部まで十分に加熱(75℃ 1分間以上)してください。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。