県政一般・報道提供資料

ラムサール条約登録湿地「中海・宍道湖」ラムサールシンポジウムの開催について

2017年12月05日提供 資料提供


提供機関

提供課等:生活環境部水・大気環境課   担当/係名:水環境保全室 
電話番号:0857-26-7197  FAX番号:0857-26-8194

内容

県民の方々に、多くの水鳥や水生生物が生息する中海・宍道湖の水辺により関心と親しみをもってもらい、ラムサール条約の柱である保全再生・賢明利用・交流学習についての理解を深めるシンポジウムを開催します。

日時

平成29年12月9日(土) 13時30分〜17時00分

会場

松江テルサ  テルサホール(島根県松江市朝日町478-18)

主催

島根県・鳥取県

共催

中海・宍道湖・大山圏域市長会斐伊川水系生態系ネットワークによる大型水鳥類と共に生きる流域づくり検討協議会

内容

(1)開会あいさつ

    (2)活動発表1
    コウノトリと共生するまちづくり〜ラムサール条約湿地「円山川下流域・周辺水田」の取組〜
    発表者:井上浩二(豊岡市役所コウノトリ共生課主査)
    (3)活動発表2
    中海・宍道湖、豊岡で活動する子どもたちの活動発表
    コウノトリKIDSクラブ(兵庫県豊岡市)、こどもラムサール探偵団(宍道湖グリーンパーク)、ジュニアレンジャークラブ、子どもラムサールクラブ(米子水鳥公園)
    (4)活動発表3
    「中海での自然再生の取組とアジア湿地シンポジウムの報告」
    発表者:國井秀伸(中海自然再生協議会会長)
    (5)基調講演
    「鳥がもたらす経済効果〜バードウオッチングツアーの現場から」
    講師:山本幸正(株式会社ワイバード代表取締役)
    (6)パネルディスカッション 
      「斐伊川水系における大型水鳥と共に生きる地域づくり」

その他 

定員350名 入場無料 手話通訳あり

参考資料



最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。