県政一般・報道提供資料

第2回万葉の郷とっとりけん全国高校生短歌大会出場チームの募集〜万葉集の最後を飾る歌が詠まれた地で“万葉びと”になりきろう!〜

2020年06月25日提供 資料提供


提供機関

提供課等:地域づくり推進部文化政策課   担当/係名:文化芸術担当 
電話番号:0857-26-7134  FAX番号:0857-26-8108

内容

二人の万葉歌人が国司として赴任した地、鳥取県。一人は「令和」の出典となった梅花の宴の場にいた山上憶良、もう一人は万葉集結びの歌を詠んだ大伴家持です。
このことから、昨年10月に開催した「令和記念 万葉の郷とっとりけん全国高校生短歌大会」の成果を今後に繋げ、引き続き若い世代において短歌文化を振興させるため、「第2回万葉の郷とっとりけん全国高校生短歌大会」を開催することとし、下記のとおり出場チームを募集します。

大会概要

(1)大会名
 第2回万葉の郷とっとりけん全国高校生短歌大会
(2)日時
 12月13日(日)
(3)会場
 米子コンベンションセンター BIGSHIP 国際会議室(米子市末広町294)
 ※11月上旬時点での新型コロナウイルス感染症の状況により、当日参集による開催が困難と主催者が判断した場合は、動画審査等による開催とする予定です。
(4)本選審査員
 大辻隆弘(おおつじ たかひろ)氏(歌人・「未来」選者・現代歌人協会会員・現代歌人集会理事)
 穂村 弘 (ほむら ひろし)氏(歌人・歌誌「かばん」所属・日経新聞歌壇選者)
 江戸 雪(えど ゆき)氏(歌人・「塔」短歌会選者)
※予選審査は、別途主催者が依頼する審査員が行います。
(5)出場チーム 予選審査を通過した8チーム

参加資格

(1)令和2年度に高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。)、特別支援学校高等部、高等専門学校及び専修学校(修業年限が高等学校と一致している生徒に限る。)に在籍していること。
(2)予選を通過した際に本選に参加できること。
(3)宿泊を伴って参加する場合、保護者了承の上で教員又は保護者などの大人が同行できること。

参加申込方法(予選)

(1)同一校又は複数校の生徒3名で1チームを編成し、鳥取県文化政策課ホームページにおける申込フォームによる申込、もしくは同ホームページに掲載する指定様式をダウンロードし、必要事項を記載の上、電子メール又は郵送による申込とする。
(2)題は以下のとおりとし、本選出場となった場合、準々決勝においては参加申込した短歌にて対戦するものとする。
 題:先鋒「 光 」 中堅「 家 」 大将「 育 」

【留意点】
(1)示された題(漢字)そのものを短歌に詠み込むこと。
(2)1人1首・1チーム計3首とし、本人が創作した未発表の作品に限る。
(審査はそれぞれの作品について行うこととし、チーム内の作品の関連性は問わない。)
(3)辞書に掲載されている読み方及び熟語の一部として使用することができる。

募集期間

 7月1日(水)から9月30日(水)まで
(郵送:当日消印有効 電子メール・申込フォーム:9月30日(水)午後11時59分まで)

表彰

(1)優勝        副賞:図書カード 1万5千円分(1チーム)       
(2)準優勝         副賞:図書カード 1万円分(1チーム)       
(3)第3位(2チーム)   副賞:図書カード 5千円分(1チーム)
(4)審査員特別賞(3名)           副賞:図書カード 3千円分(1名あたり)
*大会出場チームの作品及び入選作品の中から本選の審査員が1首づつ選定し、それぞれに「審査員特別賞大辻隆弘賞」「審査員特別賞穂村弘賞」「審査員特別賞江戸雪賞」を授与する。
(5)パフォーマンス特別賞(2チーム) 副賞:鳥取県のスイーツ 1万円相当(1チーム)
*大会当日は、主催者が準備する万葉衣装を着用し、朗唱などの自由なパフォーマンスにより作品発表。審査員が最も優れたパフォーマンスを行った最大2チームを選考する。
(6)入選作品については、本選当日に会場内にて学校名・学年・氏名と共に展示する。

主催等

主催 鳥取県
後援 鳥取市 倉吉市 米子市 境港市 岩美町 八頭町 若桜町 智頭町 湯梨浜町
三朝町 北栄町 琴浦町 日吉津村 大山町 南部町 伯耆町 日南町 日野町
江府町 鳥取県教育委員会 鳥取県高等学校文化連盟 鳥取県歌人会 朝日新聞鳥取総局 共同通信社鳥取支局 山陰中央新報社 産経新聞社 株式会社新日本海新聞社 時事通信社鳥取支局 中国新聞鳥取支局 毎日新聞鳥取支局 読売新聞鳥取支局 NHK鳥取放送局 TSKさんいん中央テレビ テレビ朝日鳥取支局 日本海テレビ BSS山陰放送 いなばぴょんぴょんネット 株式会社中海テレビ放送 日本海ケーブルネットワーク 鳥取中央有線放送株式会社

参考資料

<昨年度の応募状況及び結果>

1.応募状況

応募チーム
(学校数)
246チーム
(16校)
県外
17チーム(12校)
県内
229チーム ( 4校)
都道府県
11都県
青森県、茨城県、東京都、石川県、岐阜県、愛知県、
島根県、岡山県、福岡県、沖縄県、鳥取県
2.大会結果
優勝鳥取東高(鳥取県立鳥取東高等学校)
準優勝・パフォーマンス特別賞令和Girls(茨城県立下妻第一高等学校)
敢闘賞橘(岡山県立岡山朝日高等学校)
渋谷高等学校(渋谷教育学園渋谷高等学校)
審査員特別賞 永田和宏賞茨城県立結城第二高等学校 3年 デメロ ヤダ リサ
審査員特別賞 大隆弘賞青森県立八戸高等学校   2年 谷地村 昴
審査員特別賞 江戸雪賞鳥取県立鳥取東高等学校  2年 青木 柊斗

チラシ



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。