県政一般・報道提供資料

令和2年漁期12月末現在のズワイガニの水揚げ状況

2021年01月08日提供 資料提供


提供機関

提供課等:農林水産部水産振興局水産課   担当/係名:漁業調整担当 
電話番号:0857-26-7339  FAX番号:0857-26-8131

内容

令和2年漁期12月末現在のズワイガニの水揚げ状況について下記のとおり報告します。

12月末現在の概況

(1)今漁期のズワイガニ漁は、12月末集計において水揚量は8%減となった一方、水揚げ金額は23%増で平均単価は33%上回った。
(2)「松葉がに」は、前年比で水揚量が2%減、水揚金額は35%増となった。平均単価は、前年を37%上回り、5,689円/kg(前年4,159円/kg)となった。
(3)「親がに」は、前年比で水揚量が12%減、水揚金額は12%増、平均単価は、前年を27%上回り、3,904円/kg(前年3,065円/kg)となった。
(4)単価の上昇は、GoToトラベルによる需要の高まりのほか、昨年から引き続き行っている自主規制の強化(※1)や、12月の時化等の影響で出漁回数(帰港回数)が減少した(※2)ことなどによる漁獲量の減少が影響したから。12月末日で漁期が終了した親がには、1991年(4,442円/kg)、1992年(4,257円/kg)に次ぐ3番目の高値となった。(GoToトラベル中断決定後の水揚げ回数は少なく、影響については不明)
(5)TAC消化率は61%(前年72%)となっており、余裕があることから、1月以降も漁が継続される見込みである。なお、「若松葉がに」の漁期は2月1日から始まる(2月末まで)。
(6)特選とっとり松葉がに五輝星の水揚状況

    ・水揚枚数78枚、水揚金額3,734,600円、平均単価47,879円/枚
    ・値幅18,000〜500,000円
    <参考>前年同時期の状況
    ・水揚枚数80枚、水揚金額9,348,500円、平均単価116,856円/枚
    ・値幅11,000〜5,000,000円

※1 自主規制の強化・・・11月の休漁日の設定(船毎に24時間×4回又は32時間×3回以上)、親がにの1航海当たりの上限枚数制限(日帰り船(出港から帰港までの時間が24時間以内の場合を指す):3,500枚、1晩泊り船(同24時間から48時間):6,000枚、1航海船(同48時間以上):12,000枚
※2 延べ入港隻数・・・令和元年度:373隻→令和2年度313隻

2 集計結果(11月6日から12月31日まで)

別紙のとおり
besshi_r2_Dec_zuwai.pdfbesshi_r2_Dec_zuwai.pdf



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。