県政一般・報道提供資料

とっとり弥生の王国調査整備活用委員会調査研究部会(青谷上寺地遺跡担当)の開催

2021年03月04日提供 資料提供


提供機関

提供課等:地域づくり推進部文化財局とっとり弥生の王国推進課   担当/係名:青谷上寺地遺跡整備室 
電話番号:0857-85-5011  FAX番号:0857-85-5012

内容

2か年の計画で調査を実施している史跡青谷上寺地遺跡第19次発掘調査について、令和2年度の成果と令和3年度の調査方針について審議するため、標記の会を下記のとおり開催します。ついては、取材いただきますようお願いします。

日時

令和3年3月12日(金) 午前10時30分から正午まで

場所

鳥取市青谷町総合支所2階多目的ホール(鳥取市青谷町青谷667番地)
 ※各委員はオンライン形式にて出席

主な内容

第19次発掘調査における令和2年度の成果及び令和2年度の調査方針について
 青谷上寺地遺跡第19次発掘調査は、遺跡中心域の北側の調査を2か年計画で実施しています。
 1か年目となる令和2年度の調査では、これまでは遺跡が衰退すると考えていた古墳時代前期(4世紀)にも、大規模な造成が行われ、土坑、溝状遺構など、当時の人々の活発な活動痕跡が残っていることが明らかとなっています。
 今回の調査研究部会では、1か年目での調査成果と課題を報告し、2か年目となる令和3年度の発掘調査方針について、各委員に審議いただきます。
 当日の資料及び内容は、後日ホームページ(https://www.pref.tottori.lg.jp/yayoi-suishin/)にて公開します。

とっとり弥生の王国調査整備活用委員会 調査研究部会(青谷上寺地遺跡担当)

青谷上寺地遺跡の学術的な発掘調査の方法・計画について専門的に検討する。
専門 委員氏名所属
考古学木下尚子(きのしたなおこ)熊本大学名誉教授
考古学野島永(のじまひさし)広島大学大学院教授
考古学長友朋子(ながともともこ)立命館大学教授
古環境学辻󠄀誠一郎(つじせいいちろう)東京大学名誉教授
保存科学降幡順子(ふりはたじゅんこ)京都国立博物館保存科学室長
 
 


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。