県政一般・報道提供資料

鳥取大学発!イノベーション教育用教材「発明楽(はつめいがく)」にかかる知事への出版報告

2018年11月07日提供 資料提供


提供機関

提供課等:商工労働部産業振興課   担当/係名:産業支援担当 
電話番号:0857-26-7690  FAX番号:0857-26-8117

内容

鳥取大学が独自に考案・編集を行ったイノベーション教育用教材「発明楽」が出版されることとなりました。
このたび、「発明楽」の御披露目と併せ、同教材を活用した県内外小中学校での「発明楽授業」の取組強化について、下記のとおり知事報告を行います。

1 日時

平成30年11月14日(水)午前11時45分から正午まで

2 場所

県庁 第2応接室(本庁舎3階)

3 報告内容

販売開始となるイノベーション教育用教材「発明楽」の出版報告
同教材を活用した県内外小中学校での「発明楽授業」の取組報告

4 出席者

鳥取県知事 平井 伸治(ひらい しんじ)
鳥取大学医学部長 廣岡 保明(ひろおか やすあき)
鳥取大学医学部附属病院 新規医療研究推進センター 研究実用化支援部門長 教授 植木 賢(うえき まさる)

参考資料

「発明楽(はつめいがく)」の概要

○鳥取大学医学部 植木賢教授が2007年に考案したイノベーション教育用のテキストです。
○2011年、小中学校を含め汎用的なイノベーション教育用教材として活用するため、文部科学省競争的資金に提案し採択。2013年には文部科学省「地方大学の特色あるプログラム10選」に選定されました。
→同テキストは、従来の常識にとらわれることなく、「四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)を応用することで、新しいアイデアに繋がる」ことを、小学生にもわかりやすく紹介したテキスト(絵本形式)です。
本テキストの評判を聞いた県内の小中学校から、「発明楽授業」の要請が鳥取大学に入り始めており鳥取大学が独自に実施してきました。今年度からは、県発明協会による出前発明授業の一環としても、一部実施しています。


最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。