県政一般・報道提供資料

令和3年防災功労者内閣総理大臣表の受賞者決定

2021年09月14日提供 資料提供


提供機関

提供課等:危機管理局消防防災課   担当/係名:消防・地域防災力担当 
電話番号:0857-26-7082  FAX番号:0857-26-8139

内容

毎年、国(内閣府)においては、防災対策の一層の推進に資するため、災害時の防災活動の実施、防災思想の普及又は防災体制の整備の面で貢献し、特にその功績が顕著であると認められる個人又は団体に対して表彰を行っています。
 この度、米子市の「上後藤二区防災会(かみごとうにくぼうさいかい)」が、下記のとおり本年の表記表彰の受賞者として決定されました。

受賞の内容

(1)受賞団体:上後藤二区防災会(代表者:会長 西本 洋二(にしもと ようじ))
(2)受賞区分:防災思想の普及
(3)功績概要:
 上後藤二区防災会は、災害図上訓練、緊急避難訓練などの防災訓練や防災研修会の実施に積極的に取り組み、この内、防災訓練においては、特に災害時要援護者の支援に力を入れ、個別事例ごとの図上訓練や実際に車いす等での搬送訓練を行うなど、地区内の各班において災害時要援護者の協力支援体制を構築している。
 さらに、本会では「火災からの逃げ遅れゼロ、安全で安心して暮らせる地域づくり」を目指し、会の中に「女性防火クラブ」を結成。住宅用火災警報器設置の取り組みでは共同購入や設置説明会、高齢者宅への取り付けサービス等により会員の9割を超える世帯の設置に尽力したほか、一人暮らしの高齢者宅の訪問や声かけ等を行うふれあい活動により平時の支え愛の輪を広げ、有事には災害時要援護者支援に繋がるように取り組んでいる。
このように、女性のならでは視点等も取り入れながら高い防災意識を継続し、地域防災力の向上に努めている。

表彰の概要

(1)目的:防災の推進に関して、特に顕著な貢献をした個人又は団体の功績を讃え、防災対策の一層の推進に資することを目的としています。
(2)対象:防災に関し、ア災害時の防災活動の実施、イ防災思想の普及、ウ防災体制の整備の面で貢献し、特にその功績が顕著であると認められる個人又は団体であって、全国民の模範となり、かつ、「防災の日」において内閣総理大臣が顕彰するに足りる個人又は団体。
      ※今回の表彰では、上後藤二区防災会がイに該当するものです。
(3)本年の受賞者数 44件(6個人、38団体)うち1団体が上後藤二区防災会です。
(4)本県のこれまでの受賞実績
受賞年
受賞者
表彰区分
平成25年
日野ボランティア・ネットワーク(団体)
防災思想の普及
平成28年
鳥取大学名誉教授 西田 良平(にしだ りょうへい)(個人)
防災体制の整備
平成30年
鳥取大学名誉教授 松原 雄平(まつばら ゆうへい)(個人)
防災体制の整備
令和元年
鳥取市若葉台南六丁目自主防災会(団体)
防災体制の整備
鳥取市消防団(団体)
災害現場での顕著な防災活動
令和2年
黒坂地区自主防災委員会(団体)
防災体制の整備
※この度の受賞は、県内7件目。県内の自主防災組織による受賞は、3年連続3件目となります。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。