県政一般・報道提供資料

「避難スイッチモデル事業」の実施(2回目)

2021年01月27日提供 資料提供


提供機関

提供課等:危機管理局危機管理政策課   担当/係名:企画担当 
電話番号:0857-26-7584  FAX番号:0857-26-8137

内容

近年発生した自然災害において避難の重要性が再認識される一方、市町村が発出する避難勧告等の情報が住民の避難行動につながらないことは全国的に課題となっていることから、避難のタイミングを「いつ」とするか(=避難スイッチ)を住民自ら決定する「避難スイッチモデル事業」を、以下のとおり実施します。
 なお、今回(2回目)は、1回目でご助言いただいた矢守克也(やもりかつや)教授(京都大学防災研究所)の助言内容や、地域で整理した情報や内容をもとに、モデル地区での避難スイッチを取りまとめます。(今回、矢守教授は参加されません。)

日時

1月30日(土)午後1時から2時30分(予定)

場所

 若桜町公民館(八頭郡若桜町大字若桜757)

実施者

上(かん)町、中町、西町の地区住民
※当該地区には、土砂災害、河川の浸水害の懸念のあるエリアが含まれる。

概要(予定)


(1)前回のおさらい(ワークショップ、まちあるきの結果を受けた情報の整理)
(2)避難スイッチの取りまとめ
  ア情報系(市町村からの避難準備情報等)
  イ目で見る異変(水位の変化等)
  ウ人からの呼びかけ
(3)避難先の検討
(4)その他

主催

若桜町・鳥取県

その他


当日、大雪警報等が発表された場合は、当日午前9時に中止を判断する。
その際は、FAXにてその旨一斉にお知らせする。

【参考:1回目の取組(令和2年10月31日実施)】
 1)避難スイッチとは何か、避難スイッチとなり得る情報は何かを学ぶワークショップの実施
 2)地域の危険個所を確認するまちあるきの実施
※全般に、矢守克也教授(京都大学防災研究所)にweb会議システムによりリモートで助言いただき、モデル地区での避難スイッチに取り組むための基礎知識を学んだ。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。