県政一般・報道提供資料

香港航空米子香港国際定期便の平成30年7月利用実績

2018年08月07日提供 資料提供


提供機関

提供課等:観光交流局観光戦略課   担当/係名:国際観光誘客室 
電話番号:0857-26-7310  FAX番号:0857-26-8308

内容

米子香港国際定期便の平成30年7月利用実績が以下のとおり確定しました。
搭乗率は77.8%と前年を4.5%ポイント上回り、加えて外国人搭乗率は前年同月比及び前月比とも上昇しており、香港での知名度が向上しています。反面、日本人搭乗率は前年同月比よりも2.7%低下しています。
今後はインバウンドの更なる誘客促進のために香港の旅行雑誌やTV番組での本県観光情報の発信等を行うと共に、日本人利用者の拡大を図るため、香港やマカオの観光情報発信や旅行商品造成等に取り組みます。

平成30年7月利用実績(香港航空大阪支店提供)

注:( )内は前年同月実績
提供座席数
搭乗者数
外国人搭乗者数
日本人搭乗者数
搭乗率
2,784席
(3,132席)
2,166人
(2,297人)
1,948人
(1,966人)
218人
(331人)
77.8%
(73.3%)
【参考】平成30年6月利用実
          ・提供座席数 3,132席  搭乗者数 2,423人  搭乗率77.4%
          ・国籍別搭乗者数は、香港含む外国人が2,037人、日本人が386人
[概況・要因、7月の主なトピック等]
・国籍別搭乗者数は、香港含む外国人1,948名(前月比89名減、前年同月比18名減)、
日本人218名(前月比168名減、前年同月比113名減)。
      *搭乗者数が前年同月及び6月より減少しているのは、曜日の関係により8便しかなく提供座席数が少ないため。(2017年7月及び本年7月は9便)
・提供座席数に対する搭乗率の比較
2017年6月
2017年7月
2018年6月
2018年7月
外国人搭乗率
51.92%
62.77%
65.04%
69.97%
日本人搭乗率
20.27%
10.57%
12.32%
7.83%
      ⇒外国人搭乗率は前月比及び前年同月比とも増加したが、日本人搭乗率が低下した。
  ・外国人搭乗率上昇の要因としては、香港で最も人気のあるテレビ局「TVB」の旅行番組「2泊3日」で鳥取の旅特集が放映されたこと並びに香港人の好む牡蠣、マグロ等のシーズンが到来したことを新聞やインターネット等により発信したことが要因と思われる。
    ・日本人搭乗率に関しては、7月は前月比で低下する傾向にあるが、前年同月よりも低下しており、路線の周知を図るとともに搭乗者獲得の為に香港・マカオ等の新たな魅力を発信する必要がある。

平成30年8月の予約状況[7月30日現在](香港航空大阪支店提供)

8月  87.9% (前年同期75.8%)9月 85.6% (前年同期70.9%)

今後の主な利用促進対策

〔アウトバウンド対策〕 ・SNSを利用した山陰向けのツアー情報発信や香港・マカオ等の情報発信を展開する。
    ・香港乗継を利用したタイ、ベトナム等へ米子発第三国向け旅行商品や、就航2周年記念商品の造成、販売に向けた、地元旅行社等へのセールスコールを行う。

〔インバウンド対策〕
    ・香港ガイドブック出版社SKYYER(スカイイヤー)が主宰する『SKYYER AWARD』で鳥取県が「絶対太るで賞」を受賞〔7月〕しており、SNS、フリーペーパー等で受賞情報をPR。
    ・7月に招請した香港メディア3社による雑誌での鳥取特集、SNSでの広告動画掲載〔8・9月〕。
    ・米子香港便到着時に観光スポットを掲載したブックレット等を配付し、県内周遊を促進〔8月9月〕
・香港のTV局の人気グルメ旅行番組で鳥取のグルメ特集を放映。〔10月予定〕
    ・新聞への松葉ガニ特集取材掲載のために記者を招請〔11月予定〕


最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。