県政一般・報道提供資料

とっとりの初秋の風物詩、梨の表示に関する巡回調査の結果概要

2019年10月09日提供 資料提供


提供機関

提供課等:生活環境部くらしの安心局消費生活センター   担当/係名:- 
電話番号:0859-34-2760  FAX番号:0859-34-2670

内容

本県では、代表的な特産物である梨(日本梨)について、消費者の皆さまが適切・容易に選択できるよう、消費生活の安定及び向上に関する条例に基づき、「なしについての表示基準」を定めています。
毎年初秋に、販売事業者への巡回調査を行っていますが、本年も二十世紀梨の出荷本格化を受けて実施したところ、結果は下記のとおりでした。

巡回調査結果

年度
調査店舗数
口頭指導店舗数
文書指導店舗数
主な指導事項
R元
61
28
0
・かご売りで個数が表示されていない
・箱売り・かご売りで販売事業者名等の表示が不足している
H30
63
32
0
・かご売りで個数が表示されていない
・箱売り(二十世紀梨)で大きさ表示がない
・箱売りで販売事業者名等の表示がない
○昨年度の調査に比べ、かご売りで個数が表示されていないケースが多く見られた。
 また、販売事業者名等の表示が不足している例(所在地・連絡先の記載の不足)が見られた。

実施日

9月3日(火)、4日(水)、5日(木)、6日(金)

対象店舗

県内主要道路沿い・主要駅・観光地等に所在する梨販売店舗(61店舗)
 ※調査対象店舗は、県内の梨販売店舗から、無作為に抽出しました。

調査内容

店頭における品種名・価格・大きさ・重量等の表示が、「なしについての表示基準」に沿った適正なものになっているかどうか。
 ※表示基準の詳細については、別添のチラシを御参照ください。

調査員

鳥取県生活環境部くらしの安心局消費生活センター職員

 ※延べ8人(2人で調査。2人×4日)

参考資料

【消費生活の安定及び向上に関する条例(抜粋)】

第11条 知事は、事業者が前条第1項の基準を遵守していないと認めるときは、当該事業者に対し、当該基準を遵守すべきことを勧告することができる。

2 知事は、事業者が前項の規定による勧告に従わないときは、その旨を公表することができる。

チラシ



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。