県政一般・報道提供資料

韓国ケーブルテレビ局「(株)CアンドMメディアワン」社の代表者の知事表敬訪問及び日韓共同番組制作に関する基本合意書の締結

2014年05月08日提供 資料提供


提供機関

提供課等:未来づくり推進局広報課   担当/係名:とっとり発信担当 
電話番号:0857-26-7097 

内容

 このたび、韓国ケーブルテレビ局の(株)CアンドMメディアワン社のソン代表が知事を表敬訪問され、併せて(株)CアンドMメディアワン社、(株)中海テレビ放送、鳥取県の間で日韓共同番組の制作に係る基本合意書の締結を行います。

1 日時

平成26年5月9日(金)午後3時35分から55分まで

2 場所

知事公邸 第1応接室

3 出席者

(株)CアンドMメディアワン社 代表 ソン ナクソプ 氏
(株)中海テレビ放送 代表取締役社長 秦野 一憲(はたの かずのり) 氏
鳥取県 鳥取県知事   平井 伸治

[その他の韓国側の出席者]
 ソン ジョンギル 氏(京畿大学の言論メディア学科教授)
 イ スンチャン 氏(韓国航空大学校経営学科教授)
 イ スンヒョン 氏((株)CアンドMメディアワン社のプロデューサー)

4 概要

(株)CアンドMメディアワン社、(株)中海テレビ放送及び鳥取県の3者は、日韓両国の友好強力の増進のため、韓国人の目線から見た鳥取県を取材し、鳥取県の紹介番組を制作・放映を行うことを目的として、平成25年2月18日付けで基本合意書を交換。
 平成25年度には、基本合意書に基づき、4本の番組が制作され、(株)CアンドMメディアワン社の放送網を通じて放映された。
 今回の訪問は、平成26年度の事業について基本合意書の締結を行うもの。

参考

(株)CアンドMメディアワン社は、ソウルと京畿地域をカバーする首都圏最大規模の複数総合有線放送事業者(MSO:Multiple System Operator)。約270万世帯が加入しており、韓国第3位のケーブルテレビ局。
 ケーブルTV放送事業を基盤としたデジタル放送、超高速インターネットサービス、インターネット電話、デジタルコンテンツ等の多様な商品を提供している。


最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。