県政一般・報道提供資料

琴浦町長からの芝収穫機商品化等取組の知事報告

2017年03月17日提供 資料提供


提供機関

提供課等:中部総合事務所中部総合事務所農林局   担当/係名:農業振興課生産流通担当 
電話番号:0858-23-3274  FAX番号:0858-23-3134

内容

鳥取県は全国第2位の芝産地であり、琴浦町は県内第2位の芝の主要産地です。
琴浦町では生産者負担の軽減を目的として、国の地方創生交付金を活用し、鳥取大学や民間企業など産官学連携による芝収穫機の開発に取り組んできました。このたび、機械が完成し、平成29年度に商品化される予定となりました。これまでの取り組み状況を報告し、今後の芝面積拡大へ向けた推進につなげるため、琴浦町長が知事を表敬訪問します。

日時

3月21日(火)午前11時〜11時20分

場所

鳥取県庁第3応接室(鳥取市東町1丁目220)

訪問者

琴浦町町長 山下 一郎(やました いちろう)
琴浦町農林水産課課長 高橋三枝子(たかはし みえこ)
農林水産課課長補佐 太田 道彦(おおた みちひこ)
国立大学法人鳥取大学農学部 准教授 野波 和好(のなみ かずよし)
公益財団法人鳥取県産業振興機構 代表理事理事長 中山 孝一(なかやまこういち)
鳥取県芝生産組合 組合長 中本 昭典(なかもと あきのり)
有限会社河島農具製作所(米子市)取締役 開発部長 加藤 健二(かとう けんじ)
有限会社河島農具製作所(米子市)開発部 高橋 俊行(たかはし としゆき)

内容

芝収穫機のこれまでの開発経過等報告

取組概要

(1)事業名:H28芝収穫機開発・製作事業(地方創生加速化交付金)
(2)事業内容:芝収穫機の開発・製作
・芝の収穫作業工程の内、拾い上げ・選別・重ね・結束の作業を半自動で行える機械開発・製作
(3)産官学連携
・国立大学法人鳥取大学、鳥取県、(公財)鳥取県産業振興機構、(有)河島農具製作所、鳥取県芝生産指導者連絡協議会等
(4)事業効果
・作業姿勢の改善(中腰・かがみ作業からの解放)
・作業能率の改善(移動時間の削減等)
(5)中間報告等
・11月に開発・制作中の機械がほぼ完成形に近い出来となり中間報告として一般公開
・12月に生産者向けにデモ操作を行い、機械性能を点検
・作業効率を上げるため運搬車の連結を検討中
・平成29年度に商品化を予定


最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。