県政一般・報道提供資料

米国バーモント州から青少年交流団が来県し、知事を表敬します

2019年04月12日提供 資料提供


提供機関

提供課等:観光交流局交流推進課   担当/係名:交流支援担当 
電話番号:0857-26-7595  FAX番号:0857-26-2164

内容

米国バーモント州と本県との青少年相互派遣事業により交流団が来県し、下記のとおり知事を表敬訪問します。

日時

4月22日(月) 午後1時から午後1時15分まで

場所

第4応接室(鳥取市東町一丁目220番地 県庁本庁舎3階)

訪問者

米国バーモント州エセックス高等学校生徒   5名
          バーリントン高等学校生徒   1名
ピーター・リンチ(Peter Lynch)氏(Green Across the World 代表)ほか引率3名

参考1 鳥取県・バーモント州青少年交流事業概要

 平成21年度より、環境に対する深い認識と国際的視野を持った青少年の育成を図るとともに、鳥取県と米国バーモント州との更なる交流を促進するため、高校生の相互派遣を行っている。実施主体は、公益財団法人鳥取県国際交流財団とバーモント州の環境交流団体「GATW」※。バーモント州より交流団が来県するのは7年連続7回目で、学校交流、日本文化体験、環境関連視察、ホームステイなどを行う。リンチ代表は当該事業開始からカウンターパートとして関わってきた人物で、両地域の友好交流継続に尽力してきた。
※GATW:正式名称「Green Across the World」。世界の国々との交流を通じて文化的理解と環境に対する認識を深めることを目的としているNGO。中国やセネガルとの青少年相互交流も行っている。鳥取県内の高校生をバーモントに派遣する際にも受入れ調整を担当している。
 (1)受入期間  4月21日(日)〜4月29日(月・祝)
 (2)受入主体  公益財団法人鳥取県国際交流財団
 (3)事業内容
  ・学校交流:湯梨浜学園高等学校、鳥取商業高等学校を訪問し、地元高校生との交流を深める。また、ホームステイ先の高校生が通学する高等学校への1日体験入学を実施。
  ・文化体験等:ホームステイを通じて、鳥取の家庭生活を体験し交流を深める。
  ・環境学習:鳥取砂丘ビジターセンターやリファーレンいなばの見学などを通して日本の環境問題へ見識を深める。

参考2 鳥取県とバーモント州との交流について

 本県と米国バーモント州とは平成20年に「国際親善の覚書」を取り交わして以来、当該青少年交流を中心に友好関係を継続してきたところ、覚書締結10周年を節目として、平成30年には姉妹提携協定を締結し、今後さらに相互の交流を深めていくこととしている。


※各視察先等での取材については事前に公益財団法人鳥取県国際交流財団(電話:0857-51-1165)にお問い合わせをお願いします。


最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。