県政一般・報道提供資料

県産材を内装に使用したシェアオフィスの完成見学会

2019年06月12日提供 資料提供


提供機関

提供課等:農林水産部森林・林業振興局県産材・林産振興課  
電話番号:0857-26-7307  FAX番号:0857-26-8192

内容

 鳥取県では、県産材を利用した空間を体験することで県民の県産材利用の意欲を高め、企業等の新たな内装木質化への取り組みを推進するため、県産材を効果的かつ先駆的に使用した木質空間を整備し、県産材製品をPRする活動を支援する「木質空間モデル施設整備推進事業」を実施しています。
 本事業を活用して県産材を内装に使用した、第1号の施設であるシェアオフィスの完成見学会を、下記のとおり開催します。完成見学会では、寄木(よせぎ)で製作した「鳥取県産材木質空間モデル施設」の盾を、農林水産部長が事業実施主体に贈呈します。

1 日時

6月17日(月) 午後1時30分から午後2時まで

2 場所

office24(鳥取市今町2丁目218)

3 出席者

鳥取県農林水産部長 西尾 博之(にしお ひろゆき)
合同会社工作社 代表社員 本間 公(ほんま あきら)

4 内容

(1)開会
(2)農林水産部長挨拶
(3)「鳥取県産材木質空間モデル施設」盾の贈呈
(4)office24のコンセプト、県産材の使用内容等の説明

参考1 鳥取県木質空間モデル施設整備推進事業の概要

・本事業は、企業等が行う県産材を効果的かつ先駆的に使用した木質空間の整備並びに木質空間を活用した県産材製品の普及活動を支援し、県産材の需要拡大を図ることを目的として、平成30年度に創設した事業。
・本事業の事業実施主体である、合同会社工作社は、鳥取の木を主な素材とした家具製作・店舗内装を行う家具工房で、手打蕎麦かわぐち(鳥取市)、cafeSOURCE(鳥取市)等、鳥取市内の多くの店舗の内装を手掛けている。
・office24は、県産材を使用した個室キット、デスク、ミーティングテーブル、LVLパーティションを設置。今年5月には、office24において、県産材を使った家具づくりワークショップを開催した。

参考2 鳥取県産材木質空間モデル施設office24の概要

(1)施設の名称      office24(オフィス24)
(2)所在地        鳥取市今町2丁目218
(3)用途         シェアオフィス
(4)延べ床面積      約186平方メートル


最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。