県政一般・報道提供資料

船岡小学校での「あいサポート運動」に関する授業の実施

2017年10月10日提供 資料提供


提供機関

提供課等:福祉保健部ささえあい福祉局障がい福祉課   担当/係名:社会参加推進室社会参加推進担当 
電話番号:0857-26-7675  FAX番号:0857-26-8136

内容

9月1日に『鳥取県民みんなで進める障がい者が暮らしやすい社会づくり条例』(あいサポート条例)が施行となりました。この条例では、あいサポート運動を「県民全体で取り組むべき運動」と位置付け、よりいっそう推進していくこととしています。
この度、あいサポート運動の取組の一環として、八頭町立船岡小学校の4年生を対象に「あいサポート運動」についての授業を行います。

日時

10月12日(木) 10時45分から11時30分

場所

船岡小学校(4年生教室)

講師

小澤 幸生(障がい福祉課長) ほか

内容

10時45分から(45分間)
「あいサポート」運動とは
 ◯どのようにして始まったのか。
 ◯なぜ鳥取県は、全国で初めて取り組んだのか。
 ◯運動の全国的な広がり

対象

4年生29名
 ※船岡小学校、大江小学校、隼小学校の3校が統合後、初めて4年生が「あいサポートの輪」を広げるための授業を行う。

参考

鳥取県民みんなで進める障がい者が暮らしやすい社会づくり条例(愛称「あいサポート条例」)(抜粋)

(あいサポート運動の推進)
第9条 県は、県民が、障がいの特性についての理解を深めるとともに、障がい者が配慮又は支援を必要としている場面において、各々が可能な範囲で障がいの特性に応じた必要な配慮又は支援を行うことにより、障がいの有無にかかわらず、全ての人が互いに人格及び個性を尊重し支え合いながら暮らすことのできる社会を目指す運動(以下「あいサポート運動」という。)を県民全体で取り組む運動として推進するものとする。
     2 この条例に定めるもののほか、あいサポート運動の推進に関し必要な事項は、知事が別に定める。
(福祉教育の機会の確保)
第28条 県及び市町村は、県民が年少期から障がい及び障がい者について学ぶ機会を設けるよう努めるものとする。
 2  県民は、年少期からの教育を通じて、障がい及び障がい者について学び、理解を深めるよう努めるものとする。


最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。