県政一般・報道提供資料

智頭町立智頭中学校2年生における防災教育等の実施

2019年03月13日提供 資料提供


提供機関

提供課等:県土整備部八頭県土整備事務所   担当/係名:河川砂防課河川担当 
電話番号:0858-72-3863  FAX番号:0858-72-3863

内容

近年、台風や集中豪雨等により全国各地で水害や土砂災害が発生し、多くの被害が発生していることを踏まえ、八頭県土整備事務所では、今年度から、小学生・中学生を対象とした水害・土砂災害に関する防災教育メニューを充実させ、そのPRや計画的実施に積極的に取り組んでおり、これまでに13回実施しています。
今回は、今年度の最後として、昨年7月の西日本豪雨で被害の大きかった智頭町にて中学2年生を対象に、土砂災害をテーマに防災教育を実施します。学習では、実際のハザードマップを使ったグループワークにより具体的な避難行動を学んだり、土砂災害に対する県の取組みを紹介することにより防災意識の向上と県土整備事務所の仕事をPRします。

日時

3月15日(金)9時45分から10時35分まで

場所

智頭町立智頭中学校(八頭郡智頭町智頭688)

対象児童

2年生 39名

学習内容

(1)身近な地域の土砂災害警戒区域等
(2)土砂災害の特徴や土砂災害警戒区域の考え方
(3)ハザードマップを使ったグループワーク(土砂災害警戒区域と避難所及び避難ルートの確認)
(4)近年の雨の降り方や大雨の記録の紹介
(5)土砂災害警戒情報など気象情報・防災情報の種類とその基準の考え方
(6)避難行動について
(7)土砂災害に対する備えと県の取組み

講師

やず・防災つたえ隊(八頭県土整備事務所河川砂防課の若手職員で構成する水害・土砂災
害に関する防災教育を実施するプロジェクトチームの愛称)

主催

八頭県土整備事務所河川砂防課

参考資料

八頭県土整備事務所の防災教育の取組み



最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。