県政一般・報道提供資料

平成29年度多面的機能支払研修会の開催

2018年02月14日提供 資料提供


提供機関

提供課等:農林水産部農地・水保全課   担当/係名:企画・保全支援担当 
電話番号:0857-26-7334  FAX番号:0857-26-8191

内容

多面的機能支払活動組織や新規活動予定組織の方々を対象に、今後の農地や農業用水路等の地域資源の適切な保全管理の推進を図るため、下記のとおり研修会を開催します。
また、本研修会では平成29年度多面的機能発揮促進事業中国四国農政局長表彰で、各事業で受賞された組織に対して、下記のとおり表彰式を行います。

日時

平成30年2月17日(土) 午後1時30分から3時45分まで

場所

ハワイアロハホール 大ホール
東伯郡湯梨浜町はわい長瀬584(電話0858-35-5678)

内容

・多面的機能支払交付金の動向(1時35分〜2時10分)

・日本型直接支払の中国四国農政局長表彰(2時10分〜2時20分)
多面的機能支払     最優秀賞 門田地区農地・水・環境保全会(東伯郡湯梨浜町)
中山間地域等直接支払  優秀賞 上津黒集落協定(八頭郡八頭町)
環境保全型農業直接支払 優秀賞 米郷特別栽培米コシヒカリ研究会(米子市・南部町)

・優良事例発表「門田地区農地・水・環境保全会(東伯郡湯梨浜町)」(2時20分〜2時40分)
発表者 代表 岡本 隆夫(おかもと たかお)

・講演1「多面的機能支払交付金 一町一元化による広域組織の設立について」(2時55分〜3時25分)
講演者 三朝町農林課 課長 小椋 泰志(おぐら やすし)                            

・講演2「萩原・報国地区活動組織の体制強化について」(3時25分〜3時45分)
  講演者 萩原・報国地区活動組織 書記 山下 一郎(やました いちろう)

参集範囲

既存の活動組織、新規活動予定組織、県、市町村等 約450名

主催

鳥取県、鳥取県農地・水環境保全協議会

参考資料

パンフレット



最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。