県政一般・報道提供資料

米子市上空を飛行するエアソウル無着陸遊覧飛行の歓迎イベント開催

2021年03月03日提供 資料提供


提供機関

提供課等:交流人口拡大本部観光交流局国際観光誘客課  
電話番号:0857-26-7629  FAX番号:0857-26-8308

内容

3月6日(土)に韓国・仁川国際空港発着で運航されるエアソウル無着陸遊覧飛行が、米子市上空を飛行する時間に合わせて、遊覧飛行を歓迎するイベントを下記のとおり開催します。

1 イベント内容

(1)日時 3月6日(土)(往路)午前10時50分頃(復路)11時30分頃
       ※米子市上空を通過した後、高松市上空で折り返し、再び米子市上空を飛行予定です。
(2)場所 米子鬼太郎空港3階送迎デッキ
(3)参加者 米子ソウル便応援団、エアソウル米子支店、鳥取県、島根県、米子市、境港市関係者 約10名
          ※米子ソウル便応援団(発起人 長谷川 悠治氏)は、米子ソウル便の運航再開を願う5名程度で構成された民間有志の団体で、2019年11月にエアソウル米子支店・平井知事宛に「米子ソウル便早期運航再開を求める要望書(署名)」を提出されました。
(4)内容 歓迎横断幕掲出、観光PR用法被着用、手振り、韓国語によるメッセージ発信
       ※遊覧飛行は、高度18,000フィート以上を飛行するため、実際の機体は見えませんが、将来的な米子ソウル便運航再開を願い、関係者が歓迎イベントを開催します。
       ※機内においてもエアソウル機長が、乗客向けに地上で歓迎イベントが行われているとのアナウンスを行っていただきます。

2 その他

天候や飛行機の運航状況等により、イベント内容・予定が変更になる可能性があります。
セレモニー当日の連絡先は次のとおりです。(国際観光誘客課・瀬良:080-6338-6173)
  米子鬼太郎空港で取材される場合は、米子空港ビルに所定の手続きをお願いします。

(参考)無着陸遊覧飛行の概要

1 日にち  2021年3月6日(土)、14日(日)仁川国際空港(10時)〜仁川国際空港(12時30分)、21日(日)仁川国際空港(15時)〜仁川国際空港(17時30分) 
※新型コロナウイルスの感染状況や天候等により運航されない可能性があります。
2  使用機材 エアバス321型機(195人乗・米子ソウル便使用機種と同じ。)※社会的距離確保のため、遊覧飛行定員は121名になります。
3 運航経路 仁川国際空港〜鳥取県上空(米子市)〜香川県上空(高松市)〜仁川国際空港
4 搭乗者  エアソウルホームページで募集し、応募のあった一般客。※予約状況(3月3日現在)6日(土)103名、14日(日)67名、21日(日)37名
5 その他  機内では、鳥取県と香川県が連携して、機内での観光PR動画放映、搭乗者全員への各県観光ノベルティ配布や機内イベントにおける各県記念品贈呈等の観光プロモーションを行う予定です。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。