県政一般・報道提供資料

聴覚障がい者向け音声文字変換システム導入お披露目式を行います!

2015年09月14日提供 資料提供


提供機関

提供課等:福祉保健部障がい福祉課   担当/係名:社会参加推進室情報アクセス・障がい者アート支援担当 
電話番号:0857-26-7201  FAX番号:0857-26-8136

内容

 9月16日(水)から県庁、駅・バスターミナル等の窓口に、遠隔手話通訳サービスに加えて、聴覚障がい者向け音声文字変換システムを導入することにしており、これを記念して県庁でお披露目式(平井知事出席予定)を行います。

1 音声文字変換システムとは

 聴覚障がい者と聞こえる人がコミュニケーションを行うとき、聞こえる人の声を文字に変換してタブレット型端末の画面に表示するシステムです。
 手話や要約筆記を補完する新しいコミュニケーションツールであり、ろう者だけでなく、手話を使わない難聴者・中途失聴者も便利に利用できます。
 ※導入する音声文字変換システムは、(株)プラスヴォイス(本社:宮城県仙台市)が提供する「UDトーク」です。東京都北区議会の斉藤りえ議員も普段の議員活動でこの音声文字変換システムを利用されています。

2 音声文字変換システムの導入場所(全9箇所、遠隔手話通訳サービスと同じ)

次の場所に設置されているタブレット型端末を使って音声文字変換システムを利用することができます。
(1)JR:鳥取駅、倉吉駅、米子駅(いずれもみどりの窓口)
(2)バスターミナル:鳥取バスターミナル、倉吉バスプラザ、米子バスターミナル
(3)県:県庁総合受付、障がい福祉課、県立図書館
※上記(1)〜(3)の窓口に右図の案内を掲示しています。

3 音声文字変換システム導入お披露目式

(1)日時 9月16日(水)午前11時〜11時15分

(2)場所 県庁総合受付(鳥取市東町一丁目220)
(3)出席者
 ア 鳥取県:平井知事、松田福祉保健部長
 イ 公益社団法人鳥取県聴覚障害者協会  
(4) 内容
 ア あいさつ
 イ 音声文字変換システムの概要説明
 ウ 知事と聴覚に障がいのある方によるデモンストレーション

4 その他

 9月22日(火・休)に米子市公会堂で開催する「第2回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の総合受付や米子駅に設置する「おもてなしブース」でも、この音声文字変換システムを活用する予定です。

参考資料

窓口掲示案内



最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。