県政一般・報道提供資料

平成30年7月豪雨を教訓とした安全・避難対策のあり方研究会を開催します

2018年08月08日提供 資料提供


提供機関

提供課等:県土整備部河川課   担当/係名:水防担当 
電話番号:0857-26-7386  FAX番号:0857-26-8132
その他関係所属 : 危機管理局危機管理政策課(7892)

内容

平成30年7月豪雨を教訓として、安全・避難対策について鳥取県の地域性を考慮したあり方を検討していきます。

日時

8月10日(金)午後2時

場所

鳥取県災害対策本部室

内容

(1)目的
平成30年7月豪雨では、本県において初めて大雨特別警報が発表されるとともに甚大な被害が発生した。このため、関係機関及び住民団体とともに、この度の被害及び現状の安全・避難対策を検証し、県民の安全・安心の確保を図る。
(2)主な議題
1 避難対策
(ア)避難判断等に必要な情報の理解促進・確実な伝達
(イ)避難勧告等の発令と伝達
(ウ)早期避難のための体制づくり
2 ダム放流と避難体制

研究会委員

区分
所属・職名・氏名
有識者
鳥取大学理事 柗見吉晴氏
鳥取大学大学院工学研究科
准教授 梶川勇樹氏
住民代表
倉吉市生田自治公民館
館長 難波誠氏
倉吉市国府自治公民館
館長 小谷隆一氏
鳥取市大正地区自主防災会
会長 山岡俊朗氏
水防団
八頭町水防団
副団長 コ田秀行氏
要配慮者利用施設
社会福祉法人萌生会グループホームなごみ(伯耆町)
ホーム長 ョ田悦子氏
社会福祉法人あすなろ会特別養護老人ホーム河原あすなろ(鳥取市)
施設長 幸本一章氏
市町村
19市町村防災担当課
国交省
3事務所
気象台
防災管理官
鳥取県
県土整備部長、次長、河川課長
危機管理局長、副局長
企業局長
福祉保健部長


最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。