県政一般・報道提供資料

安全運転サポート車体験会の開催

2020年09月24日提供 資料提供


提供機関

提供課等:生活環境部くらしの安心局くらしの安心推進課   担当/係名:地域安全担当 
電話番号:0857-26-7159  FAX番号:0857-26-8171

内容

鳥取県内では、65歳以上の高齢者の運転免許人口が10年前と比べて約1.5倍増加しています。また、高齢運転者が加害者となる人身事故も、年々増加し、昨年は死傷事故の約3割を占めており、高齢者の安全運転はもとより、車両自体に安全サポート機能が装備されている「安全運転サポート車」を普及させる必要があることから、高齢運転者自身が安全運転サポート車の効果を体験する取組を今年度から実施します。

1 日程、場所等

場所:米子市淀江町 米子市淀江文化センター駐車場
日程:令和2年9月29日(火)

時間1班時間2班
13時30分〜13時45分受付13時30分〜13時45分受付
13時45分〜14時15分交通安全教室
米子警察署:ことぶき号ほか
JAF:Webトレーニング
13時45分〜14時45分安全運転サポート車体験
体験車両
・トヨタ:ヤリスクロス
・日産:ルークス
・ダイハツ:タフト
14時15分〜14時30分休憩14時45分〜15時00分展示車両見学 
・トヨタ:ライズ
・ホンダ:NBOX、Nワゴン
・マツダ:マツダ3
        フレアクロスオーバー
・ダイハツ:トール
14時30分〜14時45分展示車両見学
・トヨタ:ライズ
・ホンダ:NBOX、Nワゴン
・マツダ:マツダ3
        フレアクロスオーバー
・ダイハツ:トール
15時00分〜15時15分休憩
14時45分〜15時45分安全運転サポート車体験
体験車両 
・トヨタ:ヤリスクロス
・日産:ルークス
・ダイハツ:タフト
15時15分〜15時45分交通安全教室
米子警察署:ことぶき号ほか
JAF:Webトレーニング
・主催:鳥取県
    ・共催:鳥取県交通対策協議会、米子市、米子警察署、(一財)鳥取県交通安全協会、(一社)日本自動車販売協会連合会鳥取県支部、
    ・協力:(一社)日本自動車連盟鳥取支部(JAF)、トヨタカローラ鳥取株式会社、鳥取日産自動車販売株式会社、鳥取ダイハツ販売株式会社、株式会社米子マツダ、ホンダ山陰中央株式会社

2 参考

○安全運転サポート車とは   ・交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、国が推奨する自動車安全コンセプトで、衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱警報(またはレーンキープアシスト)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置などを備えた車のこと。
  ・経済産業省が令和2年3月からサポカー補助金を設けて、65歳以上の方に最大10万円の購入支援を行っている。
 ○高齢者事故の状況
  ・令和2年8月末の高齢者の加害事故の割合は26.5%で、平成23年の18.5%と比べて8%増加している。
  ・過去10年間(平成22年から令和元年)で見ると、交通事故で亡くなった289人のうち、高齢者が161人と56%を占める。
 ○その他
  ・本体験会の開催日に鳥取県版新型コロナ警報が全県若しくは開催場所の地域に発令された場合及び悪天候の場合は、中止とします。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。