県政一般・報道提供資料

令和4年度第1回脱炭素技術研究会でトヨタ自動車株式会社のおやじ Executive Fellow河合満氏が講演されます!

2022年06月30日提供 資料提供


提供機関

提供課等:商工労働部産業未来創造課   担当/係名:新産業創造担当 
電話番号:0857-26-7564  FAX番号:0857-26-8194

内容

近年、EVや脱炭素のキーエネルギーである水素等の脱炭素技術に注目が集まっています。また、脱炭素社会の実現に向けて、本県の「ものづくり」における生産性向上、コスト削減、省エネ・省労務化等による工場の脱炭素化が課題となっています。
この度、開催する今年度第1回「脱炭素技術研究会」ではトヨタ自動車株式会社のおやじ Executive Fellow 河合満氏を招聘し、トヨタのエコカー戦略やトヨタが目指す水素社会のほか、中小企業の脱炭素社会への対応について、研究会参画企業(66社)等を参集して、講演いただきます。

1 日時

7月1日(金)午後2時から3時30分

2 場所

ホテルニューオータニ鳥取アクティブ館3階「鶴の間」

3 次第

・開会挨拶:鳥取県商工労働部長 池田 一彦 

・各WGによる今年度の取組について:鳥取県産業未来創造課参事 足立 浩司

・TPSプロジェクトの概要と狙い:株式会社トヨタエンタプライズ シニアアドバイザー 山本 和信 氏

・基調講演:『モノづくりは、人づくり』〜脱炭素社会と工場マネジメント〜
 トヨタ自動車株式会社 おやじ Executive Fellow 河合 満 (かわい みつる)氏

 ※トヨタグループが進めるエコカー・水素戦略や工場の脱炭素化に向けた設備投資なしで生産性を上げる手法(トヨタ生産システム(TPS)による脱炭素マネジメント)について、県内サプライヤーに伝授いただきます。

<河合氏プロフィール>
・中学卒業後、トヨタ技能者養成所(現トヨタ工業学園)に入所。1966年に卒業しトヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)に入社、本社工場鍛造部配属。同部長、本社工場副工場長を経て、2013年に技監に就任。2015年に技能職出身として初めて専務役員に就任。車両系生産技術・製造本部副部長などを歴任し、2017年副社長に就任。2020年執行役員、2021年より、おやじExecutive Fellow。

<河合氏と「おやじ職」について>
・豊田章男社長は、一昨年5月に大改革を行い、顧問・相談役の廃止のほか、副社長、専務、常務など取締役の撤廃が行われ、同時に河合氏は、現職であるエグゼクティブフェローとして就任。
・その中でも最高財務責任者である「番頭」職、人材育成や社内・工場等のマネジメントなどTPS(トヨタ生産システム)の最高責任者である「おやじ」職があり、河合氏は社内では「河合おやじ」として崇拝されている。

・閉会挨拶:鳥取県商工会議所連合会 会長 児嶋 祥悟 氏

4 参加者

当研究会参画企業・団体等の経営者や後継者など約100名


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。