県政一般・報道提供資料

すいか畑から「大栄西瓜」の魅力をオンラインで発信します

2022年06月22日提供 資料提供


提供機関

提供課等:農林水産部市場開拓局販路拡大・輸出促進課   担当/係名:国内販路拡大・民工芸振興担当 
電話番号:0857-26-7828  FAX番号:0857-21-0609

内容

高級フルーツ店「新宿高野」が開催するフルーツカルチャースクールにおいて、オンラインで北栄町のすいか畑と新宿高野のフルーツサロンをつなぎ、生産者らが講師となり「大栄西瓜」の魅力を発信します。

日時

6月24日(金)  午前の部(午前10時30分から11時20分まで)
           午後の部(午後2時から2時50分まで)

場所


(1)鳥取会場
株式会社Agriすぎかわ すいか畑(北栄町大谷3742-1)
(2)東京会場
新宿高野本店フルーツサロン(東京都新宿区新宿3-26-11)

講師

 ・株式会社 Agriすぎかわ 取締役 杉川藍月(すぎかわあづき)
                  取締役 杉川一二美(すぎかわひふみ)
  ・野菜ソムリエ 上級プロ 長島明子(ながしまあきこ)

参加者

新宿高野に事前に申し込みした消費者(定員:午前、午後とも各8名)

内容

(1)鳥取会場
    すいか畑から、講師が大栄西瓜の特徴(出荷基準、栽培管理方法など)や収穫の仕方、すいかの美味しい食べ方等を説明します。
(2)東京会場
    オンラインで講師の大栄西瓜の説明を聞きながら、大栄西瓜をそのまま試食するだけでなく、すいかのサラダやパフェを試食します。

その他

当日配信会場での取材を希望される場合は、恐れ入りますが、農道脇への駐車になるため、23日(木)17時までに担当者へ電話連絡をお願いします。

参考

○株式会社新宿高野
  東京都新宿区新宿三丁目に本店を構える、果物の専門店。果物の販売促進と需要拡大を目的に果物を核としたカルチャー教室を開催しフルーツのある暮らしの提案」を行っている。

○大栄西瓜
 交配後、約50日ごろまで完熟させたスイカ。形状、品質にバラツキが少なく、果実中心部と皮ぎわの糖度差が少ない、安定した品質が確保できるすいかとして、市場から高い評価を得ている。令和 元年6月14日には地理的表示(GI)保護制度に登録された。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。