県政一般・報道提供資料

鳥取県戦略産業雇用創造プロジェクト事業 データ活用人材育成事業「TORIoT(トリオット)」事業発表会について

2017年01月19日提供 資料提供


提供機関

提供課等:商工労働部雇用人材局労働政策課   担当/係名:高度技能開発室 
電話番号:0857-26-7662  FAX番号:0857-26-7224

内容

鳥取県が実施する「鳥取県戦略産業雇用創造プロジェクト事業」(受託者:鳥取県戦略産業雇用創造プロジェクト推進協議会)では、鳥取県での就職を希望する全国の求職者を対象として、IoTやビックデータ等を活用できる人材を育成する「データ活用人材育成事業」(愛称:TORIoT(トリオット))を開始します。
 これにあたり、以下のとおり事業発表会を開催します。

1.事業の概要

 TORIoTは鳥取県での就職を希望する全国の求職者を対象として、プログラミングやセキュリティといった基礎技術に関する講座や、課題解決のためのアイデアソンやプロジェクト演習といった実践的な能力育成の機会をeラーニング等で提供し、データ活用人材を育成する事業です。平成29年1月25日にポータルサイトを開設し、事業を開始します。
 これにより、県内の方はもちろん、県外の鳥取県での就職を希望する求職者の方のスキルの習得を支援し、移住を含めたより多くのデータ活用人材の育成・確保を行うとともに、県内企業への人材提供によるビジネスの拡大を図ります。
 (特徴)
  ・受講料無料で、実践的な課題に挑戦できる演習プログラムと手厚いサポートを提供
  ・eラーニングにより、時間や在住する地域といった制約を受けずに学習できる環境を提供
  ・鳥取県を舞台にしたアイデアソンを開催し、県外の方に実際に来県していただく機会を創出
  ・鳥取県のIT企業である株式会社LASSICが事業を運営し、ドイツに本社を構えIndustrie 4.0をリードするSAP社の日本法人 SAPジャパン株式会社、
   及び世界初の「IoT検定」を実施するIoT検定制度委員会がシステム構築や、コンテンツ作成に協力

2.事業発表会開催概要

(1)日時:平成29年1月25日(水)午後3時30分から4時
(2)場所:鳥取県庁議会棟3階特別会議室
(3)内容
  ア 挨拶 
    鳥取県商工労働部長(鳥取県戦略産業雇用創造プロジェクト推進協議会 会長)岡村 整諮(おかむら せいじ)
  イ 事業説明 
    株式会社LASSIC 代表取締役社長 若山 幸司(わかやま こうじ)
    SAPジャパン株式会社 インダストリークラウド事業統括本部 ディレクター 松尾 康男(まつお やすお)
    IoT検定制度委員会 事務局長 近森 満(ちかもり みつる)
  ウ eラーニング デモンストレーション 
  エ 質疑応答

3.その他

Facebookにより随時情報を発信していますのでご覧ください。(TORIoT 鳥取県戦略産業雇用創造プロジェクト データ活用人材育成事業 https://www.facebook.com/TORIoT.tottori/

(参考)
 「戦略産業雇用創造プロジェクト」は、地域の課題を解決し、安定的かつ良質な雇用を創造していくため、地域の自主的な雇用創造の事業構想に対し、厚生労働省が費用の一部を補助する事業です。
 鳥取県では、医療機器、自動車、航空機の成長3分野やICTを含む複数の産業を柱とした産業構造への転換に向けて、新たな価値の創造により国内外の需要を開拓する人材を育成し、正規雇用の創出と県産業の成長による地方創生を目指す様々な事業を実施しています。


最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。