県政一般・報道提供資料

香港航空米子香港国際定期便の平成29年12月利用実績

2018年01月05日提供 資料提供


提供機関

提供課等:観光交流局観光戦略課   担当/係名:国際ネットワーク担当 
電話番号:0857-26-7099  FAX番号:0857-26-8308

内容

米子香港国際定期便の平成29年12月利用実績が確定したのでお知らせします。

平成29年12月利用実績(香港航空大阪支店提供)

提供座席数 3132席(3132席)
搭乗者数 2403人(2284人)
  (搭乗者国籍別内訳) 香港含む外国人 2037人(1758人)  日本人 366人(526人)
  搭乗率 76.7%(72.9%)
注:()内は前年同月実績


【参考】平成29年11月利用実績
 ・提供座席数 3132席  搭乗者数 2637人  搭乗率 84.2%
 ・国籍別搭乗者数は、香港含む外国人が2055人、日本人が582人

[概況]
 ・12月搭乗率は前月84.2%から7.5ポイント減。平成29年3月以降70%台を堅調に維持。
 ・国籍別搭乗者数は、香港含む外国人2037名(対前月18名減)、日本人366名(対前月比216名減)
 ・インバウンドは、クリスマス休暇による訪日客の利用が引き続き好調であった。また、アウトバウンドは、年末年始の休暇により12月後半の利用客(出発客)が多い状況であった。

平成30年1月の予約状況[12月25日現在](香港航空大阪支店提供)

1月 78.2%

今後の主な利用促進対策

(1)アウトバウンド対策
 ○香港国際空港を乗り継ぎ利用した、米子発第三国向けの旅行商品(タイ、ベトナム、台湾、ニュージーランドなど)の造成や販売に向けた旅行会社等への更なる働きかけを  香港航空と連携して実施。
 ○各種利用助成制度や第三国への乗り継ぎ利用のPR
  米子ソウル便と併せて、関係機関や企業等へ第三国への乗り継ぎ利用や路線PR、各種助成制度の周知を図る。
  <主な利用助成制度>
  ・グループ旅行支援事業 (香港便を利用したグループ旅行に対し、経費の一部を支援:1名あたり3000円)
    香港旅行等を目的としたグループは4名から、香港国際空港から第三国へ乗継利用するグループは2名から支援
  ・高速道路料金助成事業
    米子鬼太郎空港発着の国際定期便を利用するために居住地から空港までを高速道路を利用した場合、その料金(往復)の1/2を助成。(普通車片道1000円以上支払った    場合が対象)
  ・空港連絡バスのワンコイン化(米子空港の国際定期便利用者に対して、往復運賃をワンコイン(500円)化)

(2)インバウンド対策
○香港航空WEBサイトやFACEBOOKを使い、米子ツアーを紹介する専用ページを掲載するなど香港航空と連携したPRを行う。(時期2017年11月〜2018年1月末)
○香港で食の分野で人気のあるブロガー(1月17日〜24日)を招請し、鳥取の松葉ガニや和牛、スキー、温泉などのPRを行う。
○深センからの誘客を促進するために、ショッピングモールでの観光PRイベントを開催する。〔時期:調整中〕
○香港で最も人気のあるテレビ局「TVB」の旅行番組「2泊3日」で2週間にわたり鳥取の旅を放映する。〔時期:2月初旬予定〕


最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。