県政一般・報道提供資料

まなざし1号発刊記念イベント〜こもどうふってなんだ!?〜

2017年03月24日提供 資料提供


提供機関

提供課等:元気づくり総本部元気づくり推進局とっとり暮らし支援課   担当/係名:移住定住促進担当 
電話番号:0857-26-7962  FAX番号:8196

内容

震災被害の大きかった倉吉市を中心に、学生目線で地域の魅力を聞き書きの手法で取材した心温まるエピソードなどをまとめたフリーマガジン「まなざし」第1号の発刊記念イベントを下記のとおり開催します。
発刊を記念して、「まなざし」の展示、取材中に出会った地域の人たちに教わった郷土料理「こも豆腐」の調理体験を行います。

日時

平成29年3月26日(日) 午前10時から午後4時まで

場所

鳥取市本通商店街空き店舗(鳥取市弥生町113)

概要

(1)まなざしへようこそ〜フリーマガジン「まなざし」展示〜
(2)こもどうふ作り体験&実食
  【第1部】10:00〜12:00
  【第2部】14:00〜16:00
   ※各回定員8名/参加費500円/小学生以下無料
   ※以下メールアドレスまで、希望時間番号・お名前・参加者数をご連絡ください。
    manazashi.tottori@gmail.com

主催

コトバのたびプロジェクト(鳥取県中部地震被災地の聞き書き業務を委託)
 ※公立鳥取環境大学、慶應義塾大学、上智大学、東京農業大学等の学生による組織
  代表:工藤大貴氏(認定NPO法人共存の森ネットワーク理事)
    電話:080-1232-1498  電子メール:hiroki@kototabi.com

参考資料

【参考】聞き書きについて

一人の「話し手」の方に対して、一人の「聞き手」が1対1で時間をかけて話を聞き、話し手の方の生活や考え方、仕事の話などから、暮らしや人生が浮かび上がるような文章にまとめていく手法。
本県では、鳥取県中部地震によるネガティブな風評を払拭し、移住の流れを途切らさないよう、被災地の復興に向けて地域が協力して取り組む姿や、住民の絆による心温まるエピソード等の鳥取県の元気・活力を県外に発信するため、聞き書きを専門とする「まなざし」と協力し、フリーマガジン「まなざし」、PRパンフレット、ホームページを制作中。


最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。