県政一般・報道提供資料

官民協働で、両県共通課題「中海の未利用資源である海藻の活用による地域づくり」に取り組みます! 平成28年度 鳥取・島根広域連携協働事業(協働実践)公開審査会の開催

2017年03月17日提供 資料提供


提供機関

提供課等:元気づくり総本部元気づくり推進局参画協働課   担当/係名:NPO活動推進担当 
電話番号:0857-26-7070  FAX番号:0857-26-8196

内容

 平成28年度鳥取・島根広域連携協働事業(計画策定)に採択されている、両県NPO法人等の共同体が、鳥取・島根両県に共通する課題「中海の未利用資源である海藻の活用による地域づくり」の解決を目指して作成した事業計画の採択を決める公開審査会を開催します。
 採択された場合は、平成28年度鳥取・島根広域連携協働事業の2年目である協働実践の取組みとして、両県の官民協働で事業実施するものです。

日時

3月21日(火)午後1時50分〜3時20分

場所

鳥取県西部総合事務所 第5会議室(鳥取県米子市糀町1‐160)

進行

午後1時50分〜 開会・進行説明
        公開審査会(プレゼンテーション及び質疑応答)
午後2時40分〜 採点・審議(別室にて非公開で実施)
午後3時05分〜 審査結果発表・講評

両県共通課題

「中海の未利用資源である海藻の活用による地域づくり」
両県担当課:鳥取県水・大気環境課、島根県環境政策課宍道湖・中海対策推進室  

提案団体

海藻資源の循環により結ばれる地域づくり事業共同体

共同体を構成する団体名:社会福祉法人養和会F&Y境港(鳥取県)・認定NPO法人自然再生センター(島根県)

提案事業名:藻が〜る―鬼太郎もびっくり!ご縁を結ぶ中海のお・ご・の・り―

鳥取・島根広域連携協働事業について

(1)概要:
鳥取・島根両県に共通する地域課題の解決を図るため、両県の行政・NPO等が実践的な協働事業を実施する事業。(平成21年度から実施、今年度から計画・実施を段階的に行うスキームに変更)
NPO等が持つ発想力・実行力と行政が持つ知見・調整力など、互いの長所や強みを活かし、事業の相乗効果の高まりや地域自治力の向上を図るとともに、両県の連携強化、県境を越えたNPO等の連携促進を目指す。

(2)事業費(助成額の上限):1年目[計画策定]1事業あたり40万円(両県で折半)
               2年目[協働実践]1事業あたり200万円(両県で折半)
(3)採択事業数:1事業

参考資料

【参考資料】平成28年度「鳥取・島根広域連携協働事業」募集要項(抄)



最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。