県政一般・報道提供資料

鳥取県における熱中症警報発令

2018年08月06日提供 資料提供


提供機関

提供課等:福祉保健部健康医療局健康政策課   担当/係名:健康づくり文化創造担当 
電話番号:0857-26-7227  FAX番号:0857-26-8143

内容

本日午前11時発表の鳥取地方気象台の天気予報によると、8月7日(火)の最高気温が30℃以上となることから、下記のとおり、鳥取県内全域に熱中症警報を発令しました。
なお、今年度25回目の発令となります。

発令日

8月6日(月)

警報期間

発令日〜8月7日(火)終日

発令基準

鳥取地方気象台が午前11時に発表する翌日(週末にあっては週明けまで)の県内の予想最高気温が1ヶ所でも30℃を超える場合

発令機関

鳥取県福祉保健部健康医療局健康政策課

参考

鳥取県では、中国地方の1か月予報(今後も高温の日が続く見込み)と、過去の熱中症搬送件数を踏まえ、平成30年7月24日から同年8月10日まで「異常高温・熱中症厳重警戒期間」を設定し、重点的に熱中症予防対策に取り組むこととしました。
県ホームページトップページに『異常高温・熱中症厳重警戒期間の設定と取組に係る知事メッセージ』と、『異常高温・熱中症への対策および注意事項』を掲載していますので御確認ください。
※県ホームページ(URL:https://www.pref.tottori.lg.jp/)

【日常生活での熱中症予防】
(1)室内を涼しくする!
 熱中症は室内でも発生します。エアコンを上手に使い、室温を適度に下げましょう。
(2)こまめに水分をとる!
暑い日は、活発に動いていなくても知らずに汗をかいています。
のどがかわいていなくても、こまめに水分をとりましょう。
(3)こまめに休憩をとる!
暑さや日差しにさらされる環境で活動をするときなどは、こまめな休憩をとり、無理を
しないようにしましょう。
(4)日差しを避ける!
帽子をかぶったり、日傘をさしたりして直射日光を避けましょう。
また、なるべく日かげを選んで歩いたり、日かげで活動したりするようにしましょう。
(5)家族・地域で声をかけあう!
家族や周囲の大人が、高齢のかたや小さなお子さんへ積極的に声を掛けるなどして、
みんなで熱中症を防ぎましょう。
(6)天気予報、熱中症警報に気を付ける!
天気予報や県が発令する熱中症警報などの情報を活用し、十分な対策をとりましょう。


最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。