県政一般・報道提供資料

伯耆国 鬼伝承 六神社巡り

2021年10月01日提供 資料提供


提供機関

提供課等:交流人口拡大本部観光交流局観光戦略課   担当/係名:ニューツーリズム・受入環境整備担当 
電話番号:0857-26-7273  FAX番号:0857-26-8308

内容

疫病滅却(コロナ滅却)を願い、県内の鬼にまつわるスポットとして鬼伝承ゆかりの六神社を巡る御朱印企画を10月8日から開始します。コロナ禍においても、密を避けて楽しんでいただける企画です。

企画概要

(1)企画開始日 令和3年10月8日
(2)企画内容
企画1(御朱印巡り)
企画2(物語巡り)
 古来から鬼=疫病とも言われており、コロナ禍が広がる今、鬼を滅ぼす=疫病滅却(コロナ滅却)の神社として、「孝霊天皇の鬼討伐伝承」が残る県西部の樂樂福(ささふく)神社4社、菅福(すげふく)神社、天萬(てま)神社の計6社を実際に訪れ、疫病滅却(コロナ滅却)を願い参拝し、鬼を滅ぼした孝霊天皇を祭祀する神社の御朱印を集めるもの。 地域の歴史的魅力や特色を感じてもらうため、孝霊天皇ゆかりの樂樂福(ささ
ふく)神社の由緒をもとに、鬼と鉄の物語「月鬼譚」を米子市出身の小説家・松本薫氏に書き下ろしてもらった物語を6分冊にして、県西部の樂樂福(ささふく)神社4社、菅福(すげふく)神社、天萬(てま)神社の計6社を実際に参拝し、物語を集めるものであり、6神社の物語をすべて集めると、進呈する最終章にて物語が完結する。
<商品及び価格>
 御朱印帳 各1,320円(税込)
 御朱印(6神社)各300円(税込)
<商品及び価格>
 物語帳 各1,650円(税込)
 物語(6神社)各500円(税込)

※松本薫氏…日野3部作「TATARA」「天の蛍―十七夜物語」「日南X」をはじめ、主に鳥取県内の歴史や、ゆかりの人物をモチーフにした小説を執筆する鳥取県米子市生まれの小説家。2000年「ブロックはうす」で早稲田文学新人賞を受賞し、2005年「梨の花は春の雪」が鳥取県西部で制作される市民シネマの原作に選ばれる。

鬼伝承 六神社巡りの方法

(1)疫病滅却(コロナ滅却)祈願のため、神社を参拝しましょう。
2)神社の所在する市町観光協会等指定の販売店へ行って御朱印、物語等を入手しましょう。
3)次神社を参拝しましょう。
4)販売店にて販売店へ行って御朱印、物語等を入手しましょう。
5)物語を序章から6章まで全章を揃えると、販売店にて物語の最終章をプレゼントします。

実施主体等

(1)実施主体 鳥取県
(2)制  作 今井印刷株式会社
(3)販 売 元 各観光協会等指定の販売店

参考資料

(別表)神社と御朱印、物語等の販売店

チラシ(2種)



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。