県政一般・報道提供資料

平成30年度県内空港国内便の利用者数がまとまりました

2019年04月11日提供 資料提供


提供機関

提供課等:観光交流局観光戦略課   担当/係名:魅力発信担当 
電話番号:0857-26-7099  FAX番号:0857-26-8308

内容

鳥取砂丘コナン空港及び米子鬼太郎空港の平成30年度利用実績がまとまりましたのでお知らせします。

1 搭乗実績(集計期間:平成30年4月1日から平成31年3月31日まで)※詳細、別紙参照

(1)鳥取砂丘コナン空港(5便/日)
・就航以来の初めて搭乗者数が40万人を突破 ※これまでの最多は、平成29年度の388,423人
搭乗者数:408,732人前年比+20,309人(105.2%)
提供座席数:608,026席(前年比+24,989人(104.3%)
搭乗率:67.2%(前年比+0.6ポイント)


(2)米子鬼太郎空港(6便/日)※H30.6-9月は5便/日
・ANA東京便としての最多搭乗者数を更新※これまでの最多は、平成29年度の579,899人
搭乗者数:589,505人(前年比+9,606人(101.7%))
提供座席数:790,071席(前年比△11,012人(98.6%))
搭乗率:74.6%(前年比+2.2ポイント)

(両空港の主な増加要因等)
・片道1万円を切るANAスーパーバリュー75(旧旅割75)の販売や格安旅行商品の販売など運賃の低廉化
・個人旅行を中心に首都圏からの旅行需要の増加(空港リニューアルを含めた県の知名度向上、観光PR効果による旅行需要増、冬季の閑散期対策を中心とした首都圏発旅行商品の販売増)
・ビジネス利用やコンベンション需要の増加
・冬季の天候安定による欠航便の減少

2 国内航空便の利用者増に向けた今年度の主な取組

○ターゲットを明確にした首都圏からの観光誘客の促進

・ANAとタイアップした女性をターゲットにした誘客キャンペーン「鳥取多美」
・レンタカーを活用した山陰周遊旅行の促進
・WEB系旅行サイトと連携したPR など

○他空港とIN/OUTを組み合わせた利用や訪日外国人による利用など、新たな航空需要の取り込み
・他空港との連携による山陰周遊促進キャンペーンの展開
・レンタカー助成事業の継続実施
・中国本土をはじめとしたANAの海外支店と連携した旅行商品造成支援の実施 など

○首都圏・地元ともに需要喚起に向けた取組の強化
・通常より割安な旅行商品造成支援
・県内空港の「愛称化」、「空の駅」を活用した利用促進 など

参考資料

利用状況



最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。