県政一般・報道提供資料

日本初!2つのユネスコ世界ジオパークを巡るオンラインツアーの開催

2021年02月18日提供 資料提供


提供機関

提供課等:生活環境部山陰海岸ジオパーク海と大地の自然館   担当/係名:推進担当 
電話番号:0857-72-8987  FAX番号:0857-72-8986

内容

鳥取県と島根県は、山陰海岸ジオパーク推進協議会および(一社)隠岐ユネスコ世界ジオパーク推進協議会と連携し、日本初となる「山陰海岸」と「隠岐」の2つのユネスコ世界ジオパークを巡るオンラインツアーを実施します。

ツアー名

人生で一度は行きたい!秘められた歴史と自然の「島根&鳥取」
〜日本初のジオパーク2か所同時ツアー 離島・隠岐ジオ&山陰海岸ジオ〜

日時

3月20日(土)午後2時〜4時15分

内容

 人生で一度は行きたい山陰を舞台に、魅力ある「人と人との繋がり」「美味しい食材」「心癒される自然」をまるごと自宅にお届けいたします。
 日本海でつながる2つのユネスコ世界ジオパークの魅力を、各地の見所を巡りながら、ガイドが楽しく紐解きます。
 話を聞くだけでなく、「食」を味わう、温泉を楽しむ等、オンライン体験型ツアーです。


【隠岐ジオパーク】
 隠岐ジオゲートウェイ→都万船小屋→玉若酢命神社(いずれも島根県隠岐の島町)
【山陰海岸ジオパーク】
 鳥取砂丘(鳥取市)→湯村温泉(兵庫県新温泉町)→山陰海岸ジオパーク海と大地の自然館(岩美町)

<自宅にお届けする商品>
    【共通同梱品】旅のしおり、各地の楽しいマップ
    【特産品】
    [隠岐からの贈り物]
       高級白バイ貝の味付、海士町産特大岩ガキ4個、軍手・牡蠣開けナイフ
    [山陰海岸からの贈り物]
 香住がに かに味噌(缶詰)、湯村の湯 入浴剤、砂丘の砂で加熱した名物「砂たまご」

背景・経緯

 新型コロナウイルス感染症の影響で、自宅にいながら旅を満喫できる「オンラインツアー」が新しい旅行の形として注目されています。

 山陰にある2つのユネスコ世界ジオパークは、交通手段や日数を考えると、通常の旅行形態では1回で両方を訪れることは難しい位置関係にあります。
 人の移動が困難なことから始まった「オンラインツアー」は、距離を気にせず旅行先を巡ることができるため、そのメリットを活かした今回の企画を実施することとなりました。

参加方法

オンライン会議システムzoomを使用。

募集人数

30人

参加料

1グループあたり5,000円(5,000円分の2つの地域の特産品を発送します。)

詳細・申込先

オンラインツアー運営委託先である「株式会社島ファクトリー」のホームページ(申込締切3月7日)


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。