県政一般・報道提供資料

「スペース・サイエンス・ワールドin星取県」を開催します 〜小惑星探査機「はやぶさ2」の実物大モデルが米子にやってくる!〜

2018年11月29日提供 資料提供


提供機関

提供課等:観光交流局観光戦略課   担当/係名:魅力発信担当 
電話番号:0857-26-7237  FAX番号:0857-26-8308

内容

今年6月末、小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに到着しました。人類が初めて目にしたリュウグウの姿、岩や石だらけの地表など、小惑星まで行ったからこそわかった小惑星の様子、そして小型探査機はリュウグウの上を跳ねて移動し探査を続けています。鳥取県では岡山大学惑星物質研究所と協力し、「はやぶさ2」に関連する展示や体験を楽しみ、国内外のトップレベルの研究者による講演など、最先端の研究に触れることのできるイベントを県内で開催します。
つきましては、県内外の多くの方々にご来場いただきたく、周知にご協力をお願いします。

日にち

平成30年12月22日(土)〔10〜17時〕〜23日(日)〔10〜16時〕

会場

米子コンベンションセンター  多目的ホール、小ホール(米子市末広町294)

主催等

〔主催〕鳥取県、岡山大学惑星物質研究所
〔共催〕宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所、鳥取県産業技術センター

内容(予定)

※入場無料、申込不要(講演等含む)
 ○「はやぶさ2」関連模型等展示・体験
 ○「はやぶさ2」講演等、フリートーキング
 ○星取県魅力発信映像コンテスト表彰式
 ○宇宙食試食コーナー、宇宙服試着コーナー、星取県VR体験 ほか
 ○国際シンポジウム「サンプルリターンミッションとアストロバイオロジー」(※12月20日〜21日に開催。研究者向けですが、どなたでも聴講可能)
  ※イベントの詳細・最新情報は、以下のサイトに随時掲載します。
   https://www.pref.tottori.lg.jp/280389.htm

講演等の概要

(1)講演・はやぶさ2セッション〔22日(土)13時半〜〕
  ○演題『はやぶさ2の挑戦 リュウグウ探査状況速報(仮)』
   JAXA宇宙科学研究所 准教授 津田 雄一(つだ ゆういち)氏
  ○テーマ『はやぶさ2が解明する太陽系や地球生命の起源:鳥取からの発信(仮)』
   名古屋大学 大学院環境学研究科 教授 渡邊 誠一郎(わたなべ せいいちろう) 氏
   岡山大学惑星物質研究所 教授 中村 栄三(なかむら えいぞう) 氏
 (2)フリートーキング『星を取る!チャレンジで未来を拓く(仮)』〔22日(土)15時5分〜〕
   コーネル大学 教授 スティーブ・スクワイア(Steven W. Squyres) 氏
   JAXA宇宙科学研究所 副所長 藤本 正樹(ふじもと まさき) 氏
   JAXA宇宙科学研究所 特任教授 稲谷 芳文(いなたに よしふみ) 氏
   株式会社HEART CATCH 代表取締役 西村 真里子(にしむら まりこ) 氏 ほか
 (3)「はやぶさ2」ミニ講演〔22日(土)11時〜、23日(日)11時〜、14時半〜〕
   JAXA宇宙科学研究所 准教授/広報普及主幹 生田ちさと(いくた ちさと) 氏

「スペース・サイエンス・ワールドin星取県」チラシ



最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。