県政一般・報道提供資料

モスクワ・東京ラリー(第2回国際オートラリー)の境港への到着及び歓迎行事等

2018年09月14日提供 資料提供


提供機関

提供課等:商工労働部通商物流課   担当/係名:海外ビジネス戦略担当 
電話番号:0857-26-7661  FAX番号:0857-26-8117

内容

モスクワ・東京ラリーの車両及び参加者が、日露間をつなぐ唯一の定期貨客船であるDBSクルーズフェリーによりロシアから境港に到着することに合わせ、下記のとおり歓迎式典及び交流行事等を行います。

1 モスクワ・東京ラリーの概要

(1)概要

    ・日露政府間で合意された「日本におけるロシア年」「ロシアにおける日本年」の認定行事。
    ・5月26日にモスクワ(赤の広場)を出発し、ロシア各地を訪問しながら写真展や日本・ロシア文化の交流行事を実施し、東京を目指しているもの。
    ・昨年はロシア国内のみのラリーを行い、日本まで来るのは今回が初めて。
(2)日本国内滞在概要
    ア メンバー
      ・ヴァシーリエフ・アナトリー  マリン・アートクラブ(ロシア写真家の団体)会長
      ・シェルバチュク・ウラジーミル マリン・アートクラブ会員
      ・アントニク・ヴィクトル マリン・アートクラブ会員
      ・ヴァリーエワ・ヤンジマ ロシアラマ仏教大学理事長
      ・シェブコ・マキシム 運転手
    イ 車両:1台(キャンピングカー:ルノー製)
    ウ 日本滞在期間 9月21日(金)〜10月6日(土):鳥取、京都、静岡、東京
      (県内滞在:9月21日(金)〜23日(日)、10月5日(金)〜6日(土))

2 歓迎式典

(1)日時 平成30年9月21日(金)午前11時〜11時15分 (2)場所 境港国際フェリーターミナル(保税地域内の岸壁)
(3)出席者 平井知事、在大阪ロシア総領事館、中海・宍道湖・大山圏域市長会長(境港市長)、環日本海経済活動促進協議副会長、境港市観光協会長、ラリー関係者等 10名程度
(4)記念行事 花束及びDBS広報日露ラリーTシャツの贈呈

※ 報道機関の方へ
     歓迎式典は保税地域内で行われるため、立ち入りのため事前に手続きが必要です。取材いただける場合は9月20日(木)正午までに会社名、氏名、住所、生年月日、持ち込む機材の種類・数量をご記入の上、通商物流課までメールでお申し込みください。(宛先:tsushou-butsuryu@pref.tottori.lg.jp)

3 境港市民との友好交流行事及び出発式

(1)日時・場所:平成30年9月21日(金) 午後4時から5時/境港商工会議所・境港市役所 (2)出席者:境港市役所関係者、境港市内中学校の吹奏楽部生徒、鬼太郎音頭保存会等
(3)次第:
・境港市立中学校(一中、二中、三中)吹奏楽部合同演奏会(於境港商工会議所)
・ラリー代表団からのプレゼンテーション、中学生との記念写真
・出発式・鬼太郎音頭・境港市幹部による激励(於境港市役所正面玄関前)

4 写真展「日露国際オートラリー記念写真展〜ロシアの風を今、あなたに伝えたい〜」の開催(ロシア青少年写真コンクール入賞作品&モスクワ・東京ラリー関連写真)

ラリーに参加の写真家やロシア国内の青少年達が撮影したロシアの風景写真等を展示し、ロシアの魅力を発信する写真展を開催します。
(1)日時 平成30年9月21日(金)から25日(火)午前10時から午後7時30分まで
(2)場所 米子しんまち天満屋4階バンケットルーム・いこいの広場
(3)内容 ロシア青少年写真コンクール入賞作品(約50点)及びラリーの道中写真の展示
※その他、鳥取県写真家連盟との交流や、別途来県するロシア人ブロガーもラリー参加者に合流し、県内観光地の撮影や発信等を行う予定。


最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。