県政一般・報道提供資料

食品ロス削減をテーマとした幼児向け啓発活動の実施

2017年10月06日提供 資料提供


提供機関

提供課等:生活環境部循環型社会推進課   担当/係名:廃棄物リサイクル担当 
電話番号:0857-26-7198  FAX番号:0857-26-7563

内容

 幼少期から食べ物を大切にする心、ごみの少ない社会づくりの意識を育むことを目的に、保育所等を訪問して、歌や踊りなどを使った啓発活動を鳥取県連合婦人会が実施します。
 なお、当活動は、「幼児を対象とした意識啓発活動事業」として県が鳥取県連合婦人会に委託して実施するものです。

1 日時・場所

10月11日(水) 午前10時〜午前10時30分
八頭町立丹比保育所(八頭町北山85番地1 電話0858-84-2360)
 ※10月11日を初日に、今後11月1日ほかの日程で県内保育所等で順次実施する予定です。
  また、次のイベントでの披露が予定されています。
   ・エコフェスタ in 2017(主催:公益財団法人鳥取県東部環境管理公社)
     日時:11月5日(日) 午前10時〜午後3時(正午ごろ出演予定)
     場所:リファーレンいなば(鳥取市伏野2220)
   ・とりっこエコ活カーニバル(主催:鳥取県)
     日時:11月26日(日) 午前10時〜午後4時(出演時間は調整中)
     場所:倉吉未来中心(倉吉市駄経寺町212-5)

2 内容

“食べものを残すなんてもったいない”をテーマに、県連合婦人会が創作した、てぶくろ人形劇、ダンス、替え歌等を園児の前で披露します。

3 問合せ先

活動内容の詳細や今後の予定については、以下にお問い合わせください。
 鳥取県連合婦人会事務局 (電話0857-21-2292)

(参考)

1 食品ロスの現状
 ・日本全体では約621万トン発生(平成26年度推計、国連による世界全体の食料援助量の約2倍に相当)
 ・県が平成27年度に実施した「家庭系生ごみ等の組成調査」によると、可燃ごみの約2割が食べ残しや手つかずで廃棄される食品ロスで占められている。

2 鳥取県の取組
 家庭ごみにおける食品ロスの割合が高いことを踏まえ、昨年度より「おいしい!とっとり30・10食べきり運動」(宴会時の食べ残しを減らすため、開会後30分と閉会前10分を自分の席に座って食べる等の声かけ)を行っています。今年度は大人だけでなく、幼児期からの意識醸成のため、本活動を県連合婦人会に委託して実施しているところです。


最後に本ページの担当課
   鳥取県元気づくり総本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。