教育関係・報道提供資料

第2回因幡国古代山陰道発掘調査委員会を開催します −青谷東側丘陵でつづら折りの貴重な道路遺構を発見―

2020年09月04日提供 資料提供


提供機関

提供課等:地域づくり推進部埋蔵文化財センター   担当/係名:企画研究担当 
電話番号:0857-27-6711

内容

鳥取県埋蔵文化財センターでは古代山陰道の調査研究事業を進めており、今年度の発掘調査成果などを検討する第2回因幡国発掘調査委員会を下記のとおり開催します。
ついては、取材で取り上げて下さるようお願いします。なお、新型コロナウィルス感染拡大防止のためウェブ会議で実施します。

開催日時

令和2年9月12日(土)午前9時から午前10時30分まで

開催場所

埋蔵文化財センター(〒680-0151 鳥取市国府町宮下1260 番地)
及びウェブ会議

内容

令和2年度の発掘調査成果の検討 等

令和2年度の発掘調査概要

青谷東側丘陵における古代山陰道のルートや構造を解明するため、養郷狐谷遺跡及び養郷宮之脇遺跡の2遺跡の発掘調査を行った。
養郷狐谷遺跡
・昨年度の養郷新林遺跡で確認された古代山陰道(延長400m)のさらに東側延長線
上で、幅9mの道路遺構を確認した(延長600m)。
養郷宮之脇遺跡
・丘陵上の養郷新林遺跡と平野部の青谷横木遺跡とを結ぶルートで、幅9mのつづら折りの道路遺構を確認した(延長200m)。
・古代官道は、基本的に直線的につくられたとされるが、急傾斜の山越えルートではつづら折りとなっていたとすると、全国的にも貴重な発見と考えられる。

参加者


発掘調査委員会委員

       氏名         所属            専門
委員長  久保 穰二朗(くぼじょうじろう) 元鳥取県埋蔵文化財センター所長考古学
委員   大橋 泰夫(おおはしやすお) 島根大学法文学部教授考古学
委員   市 大樹(いちひろき) 大阪大学大学院教授日本古代史(文献史学)
委員   神野 恵(じんのめぐみ) 奈良文化財研究所都城発掘調査部考古第2研究室長考古学


その他関係機関
文化庁
鳥取県地域づくり推進部文化財局とっとり弥生の王国推進課
鳥取市教育委員会事務局文化財課
鳥取市青谷町総合支所地域振興課

問い合わせ先

鳥取県埋蔵文化財センター企画研究担当 坂本

電話 0857-27-6711
ファクシミリ 0857-27-6712

報道機関に提供した資料(PDFファイル)

アドビリーダのダウンロード


最後に本ページの担当課
   鳥取県教育委員会事務局教育総務課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目271
  電話  0857-26-7505    ファクシミリ  0857-26-8185
   E-mail  kyouikusoumu@pref.tottori.jp