教育関係・報道提供資料

「ふるさと未来創造工房」(本物に触れる〜伝統工芸作家による子どものための制作体験〜)の実施について

2017年11月09日提供 資料提供


提供機関

提供課等:教育委員会(事務局)文化財課   担当/係名:文化財担当 
電話番号:0857-26-7937

内容

無形文化財保持者・保護団体を講師に、下記のとおり、体験事業を実施します。

1 事業の目的

「ものをつくることの楽しさ」を感じてもらい、また本物の文化財に触れてもらうことで、伝統工芸や日本の伝統文化に対する理解や関心をもつ機会とする。

2 事業の詳細

【絣・第2回】
日時:平成29年11月14日(火)午前9時10分から11時10分
会場:弓浜がすり伝承館(境港市麦垣町86)
講師:指定無形文化財「弓浜絣」保持団体の弓浜絣保存会のみなさん
参加校:境港市立上道小学校4年生(37名)
当日の流れ:はじめの挨拶・講師のお話・制作体験・質問・おわりの挨拶

【絣・第3回】
日時:平成29年11月17日(金)午前9時30分から11時30分
会場:弓浜がすり伝承館(境港市麦垣町86)
講師:指定無形文化財「弓浜絣」保持団体の弓浜絣保存会のみなさん
参加校:琴浦町立赤碕小学校5年生(39名)
当日の流れ:はじめの挨拶・講師のお話・制作体験・質問・おわりの挨拶

【和紙】
日時:平成29年11月28日(火)午前9時30分から3時40分
会場:あおや和紙工房(鳥取市青谷町山根313)

    講師:指定無形文化財「因州青谷こうぞ紙」保持団体の因州青谷こうぞ紙手すき和紙 保存会のみなさん
参加校:鳥取市立青谷中学校2年生(34名)
当日の流れ:はじめの挨拶・制作体験・体験振り返り・質問・おわりの挨拶

【陶芸・第3回】
日程:平成29年12月8日(金)午後1時30分から3時
会場:鳥取砂丘こどもの国(鳥取市浜坂1157-1)
講師:無形文化財「陶芸」保持者の山本浩彩(やまもとこうさい)さん
参加校:鳥取市立富桑小学校5、6年生(43名)
当日の流れ:はじめの挨拶・講師のお話・講師の制作見学・制作体験・質問・おわりの挨拶

3 事前事後学習

詳細については別途お問い合わせください。

4 取材について

・体験事業及び事前学習の取材(映像撮影)は対応可能ですが、いずれも授業として実施しますので、講師や教員、児童・生徒にコメントを求める場合は、授業終了後にお願いします。
・取材を希望される場合は、あらかじめ県文化財課から学校に連絡しますので、それぞれ必ず前々日までに県文化財課まで連絡してください。

5 その他

本事業は今後下記の内容を予定しております。
開催日
内容
講師
会場
30年1月26日(金)絣・第4回弓浜絣保存会参加校

報道機関に提供した資料(PDFファイル)

アドビリーダのダウンロード


最後に本ページの担当課
   鳥取県教育委員会事務局教育総務課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目271
  電話  0857-26-7505    ファクシミリ  0857-26-8185
   E-mail  kyouikusoumu@pref.tottori.jp