前のページに戻る戻る 

02企業経営の安定化支援  01鳥取県の支援策  01補助

 


コロナ克服「攻めの感染対策」支援事業





施策対象

企業


施策主体

鳥取県


対象者

県内中小企業(補助事業によっては事業者コンソーシアムを含む)


施策概要

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う事業リスク軽減を図りながら、企業・団体等で取り組む安心・安全な事業継続に向けた取組や、新技術や価値観変容等の動きを捉えたコロナ後における新たな事業継続モデルの構築支援により、県内経済・産業の持続性を確保するとともに、コロナ禍からの本格再生を図る取組を支援します。


施策内容

(1)安心・安全事業継続支援補助金
新型感染症対応BCPを策定した県内中小企業・団体を対象に、同BCP実行に要する経費支援を支援します。(複数事業者が連携して申請することも可能)
対象事業
新型感染症対応BCPの実行に要する経費
[対象経費の例]
  • ARやVR等の技術を活用し、オンライン上での営業等の事業活動強化に要する経費
  • 感染拡大時の拠点分散(サテライト、製造現場等)に必要なネットワーク形成等に要する経費 等
補助率
1/2
補助上限
50万円(下限30万円)
申請受付
令和4年4月中に申請受付開始予定(随時申請受付)
事業期間
交付決定日〜令和5年2月28日

(2)ビヨンドコロナ型ビジネスモデル実装推進補助金
県内の広域展開を視野に、新技術や価値観の変容などを捉えた、コロナ後を見据えた事業継続モデルの実装を支援します。
補助対象
事業者
県内企業を含む事業者コンソーシアム
※管理法人はあくまで県内企業としたうえで、県外企業の参画も可
※広域的なモデル実装を促進するため、コンソーシアムには関連する団体・組合組織等(飲食、観光団体、事業組合、商工団体など)の参画が必須
対象事業
新技術や価値観変容等を複合的に組み込んだ、持続可能な事業継続モデルの構築
[コロナ後を見据えた事業継続モデル(例)]
  • 観光地や飲食店が連携し、複数事業所の連携による無人店舗エリアの設置や、ゴーストキッチンを運営し観光エリアにデリバリーを行うなど、複合的なサービスの形成。
  • 仮想空間(メタバース)等の技術を活用し、複数の店舗を仮想空間上に店舗を設置し、実際の店舗に近い売買体験が可能なバーチャルコマース等の展開。 等
補助率
2/3
補助上限
1,000万円
申請受付
現在調整中
交付決定
現在調整中(審査会により事業の採択を行います)
事業期間
交付決定日より最長12カ月間。

Androidの標準ブラウザで文字が折り返される現象について
問合せ先

商工政策課 TEL:0857-26-7565 FAX:0857-26-8117
MAIL : shoukou-seisaku@pref.tottori.lg.jp


リンク先URL

関連情報

※ 他の補助金用の添付書類を転用できる場合があります。事前にご相談ください。



▲ページ上部に戻る

前のページに戻る戻る