現在の位置: 予算編成過程の公開 の 平成26年度予算 の 県土整備部公共の防災・安全交付金(海岸)
平成26年度
当初予算 公共事業  一般事業調整      支出科目  款:土木費 項:河川海岸費 目:海岸保全費
事業名:

防災・安全交付金(海岸)

もどる  もどる
(この事業に対するご質問・ご意見はこちらにお寄せください)

県土整備部 河川課  改良担当 

電話番号:0857-26-7379  E-mail:kasen@pref.tottori.jp

  事業費(A) 人件費(B) トータルコスト
(A+B)
正職員 非常勤職員 臨時的任用職員
26年度当初予算額(最終) 114,000千円 10,835千円 124,835千円 1.4人
26年度当初予算額 42,000千円 11,122千円 53,122千円 1.4人 0.0人 0.0人

事業費

要求額:72,000千円    財源:国1/2   追加:72,000千円

一般事業査定:計上   計上額:72,000千円

事業内容

1 目的

海岸保全施設(人工リーフ)の新設・改良等により海岸侵食の防止を図る。

2 事業の必要性

《岩美海岸》
    • 自然環境にも恵まれ山陰海岸国立公園の一部となっている岩美海岸は、海水浴場として利用客が多く、鳥取県を代表する観光地であるが、長年の海岸侵食により汀線の後退が著しいため、白砂青松を保全するためにも当海岸の侵食対策を早急に行う必要ある。
    《湯山海岸》
    • 冬季風浪や沿岸流等により砂浜の侵食が進行し、環境省から「快水浴百選」に選定された「砂丘海水浴場」への影響が深刻な問題となっており事業着手した。鳥取県東部を代表する観光地「鳥取砂丘」の一部をなす当海岸の侵食対策を早急に行う必要がある。

    《岩美海岸(陸上地区)》
    • 自然環境にも恵まれ山陰海岸国立公園の一部となっている当該海岸は、海水浴場として利用客が多いが、近年、冬季風浪等による侵食が著しいため、H24年度から外部の有識者らから構成される「岩美海岸(陸上地区)侵食対策検討委員会」を設置し、対策方針について議論しているところ。
    • H25年度に開催された当該委員会の意見も踏まえ、H26年度から侵食対策(養浜工)に向けた詳細設計を行う。

3 事業内容

要求事業費 72,000千円
要求箇所数 3箇所
 (岩美海岸、湯山海岸、岩美海岸(陸上海岸))


これまでの取組と成果

これまでの取組状況

冬季風浪や土砂供給量の減少等により、年々、砂浜の侵食が進行し、国土保全や海岸利用に支障をきたしていることから、砂浜の回復と安定を図るため、海岸保全施設(人工リーフ)の整備を進めている。

これまでの取組に対する評価

これまで、侵食の著しい区間から順次整備を進めているため、効果が顕著に現れており、砂浜が回復している。
残区間については、継続的にモニタリングを行い、海岸状況を把握しながら、効率的・効果的な施設整備に努めることとしている。

財政課処理欄


要求額の財源内訳(単位:千円)

区分 事業費 財源内訳
国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
既査定額 0 0 0 0 0 0 0 0 0
保留要求額 0 0 0 0 0 0 0 0 0
復活要求額 0 0 0 0 0 0 0 0 0
追加要求額 72,000 36,000 0 0 0 32,000 0 0 4,000
保留・復活・追加 要求額 72,000 36,000 0 0 0 32,000 0 0 4,000
要求総額 72,000 36,000 0 0 0 32,000 0 0 4,000

財政課使用欄(単位:千円)

区分 事業費 国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
計上額 72,000 36,000 0 0 0 32,000 0 0 4,000
保留 0 0 0 0 0 0 0 0 0
別途 0 0 0 0 0 0 0 0 0