現在の位置: 予算編成過程の公開 の 平成31年度予算 の 交流人口拡大本部の首都圏情報収集発信・ネットワーク構築事業
平成31年度
当初予算 一般事業(公共事業以外)  一般事業要求      支出科目  款:総務費 項:総務管理費 目:県外事務所費
事業名:

首都圏情報収集発信・ネットワーク構築事業

もどる  もどる
(この事業に対するご質問・ご意見はこちらにお寄せください)

交流人口拡大本部 東京本部 総務チーム 

電話番号:03-5212-9077  E-mail:tokyo@pref.tottori.lg.jp

  事業費(A) 人件費(B) トータルコスト
(A+B)
正職員 非常勤職員 臨時的任用職員
31年度当初予算額 2,433千円 46,040千円 48,473千円 5.8人 0.5人 0.0人
31年度当初予算要求額 2,433千円 46,040千円 48,473千円 5.8人 0.5人 0.0人
30年度当初予算額 5,605千円 46,098千円 51,703千円 5.8人 0.0人 0.0人

事業費

要求額:2,433千円  (前年度予算額 5,605千円)  財源:単県 

一般事業査定:計上   計上額:2,433千円

事業内容

事業概要

省庁、都道府県、県人会、同窓会等の東京本部が有する人的ネットワークを活用し、本県に有益な情報の収集・発信を行う。

     また、首都圏の交流自治体等が主催するイベント等において、県内自治体が参加する際の側面支援及び鳥取県の観光・移住定住、物産、とっとり・おかやま新橋館のPRを実施する。

    (千円)
    内訳
    所要経費
    積算
    職員研修経費
    16
    ・講師招聘費用

     (謝礼・旅費)

    各省担当者連絡協議会負担金
    35
    各省担当者協議会負担金
    ・全国国土交通省担当者連絡協議会(15千円)
    ・全国在京文教担当者連絡協議会(5千円)
    ・中四国農林水産担当者連絡協議会(10千円)
    ・経済行政研究会(5千円)
    標準事務費
    2,382
    ・郵便料、パソコン使用料等諸経費
           計
    2,433

事業内容

(1)人的コネクションの拡充
県人会事務局の運営、首都圏における県内高校同窓会、町人会をはじめとする県出身者等への情報提供及び情報交換
(2)首都圏における鳥取県の情報収集・発信
県ゆかりの情報の収集、東京本部のホームページ、メールマガジン「とっとり@東京インフォメーション」、Facebook、Twitterでの発信
<とっとり@東京インフォメーション>
 毎週金曜配信(H28年度実績55件)、購読者数約2,000人
(3)県ゆかりの方への活動支援
鳥取大学・鳥取環境大学等の首都圏での活動支援、各種県関係団体への活動支援、県ゆかりの芸術家等の活動支援(個展、発表会等の情報発信等)
(4)行政関係の情報収集・発信及び連絡調整
省庁及び与党からの情報収集、首都圏県人関係者等との連携強化、各省担当者協議会等を通じた他都道府県の情報収集、省庁及び県選出国会議員等との連絡調整
(5)提案要望活動等のサポート
県、市町村その他の団体の要望活動等に係る省庁及び関係部局との連絡調整、上京者の活動が円滑に遂行されるようサポート
(6)県のニーズを把握するための会の開催
各部との意見交換会、県幹部上京時における意見交換会
(7)職員の資質向上
職員研修(人権)の実施

平成31年度参加・支援予定イベント

イベント名
時期
場所
参加自治体等
来場者数
第27回むさしの桜まつり
4月
武蔵野市
岩美町
大橋小学校
二十世紀梨摘果・袋がけ
5月
松戸市立大橋小学校
4年生
約60人
大橋小学校
二十世紀梨収穫祭
9月
松戸市立大橋小学校
4年生
約60人
保護者
約20人
第46回松戸まつり
10月
松戸市
倉吉市
350,000人
第26回めぐろ童謡コンサート
10月
目黒区
わらべ館
延べ850人
第39回むさしの青空市
11月
武蔵野市
岩美町
大橋小学校
引き継ぎ式
2月
松戸市立大橋小学校
3年生
約60人
4年生
約60人

これまでの取組と成果

これまでの取組状況

○県関係者の首都圏での人的ネットワークの拡充、活動支援
 ・東京鳥取県人会の事務局運営
 ・首都圏における県内高校同窓会、町人会、ゆかりの経済人の会合等への参加
 ・県ゆかりの芸術家等の活動支援
 ・ホームページ、メールマガジン、SNSによる首都圏の情報発信

○行政関係の情報収集発信
 ・省庁等からの情報・資料の収集・発信
 ・省庁の審議会、与党の政務調査会部会等により情報収集
 ・地元選出国会議員等との連絡調整
 ・都道府県担当者協議会等を通じ他県との連携、他県の情報収集
 ・県、市町村その他の団体の要望活動等に係る省庁及び関係部局との連絡調整、サポート
○これまでの取組状況
首都圏の交流自治体等が主催するイベント等に、県内自治体が参加する場合の側面支援、県の観光・物産PR及び物産ブースの出展について、調整・支援を行った。

これまでの取組に対する評価

・県行政や県関係者に対する首都圏での活動支援により、円滑かつ効果的な活動が図られた。
・県行政に協力いただける県出身者との強いネットワークを維持することができた。(東京鳥取県人会等)
・首都圏の人的ネットワークやメールマガジン、SNS等を活用して鳥取県に関する情報をタイムリーに発信し、鳥取県の認知度の向上や県関係者の活動促進を図ることができた。
○これまでの取組に対する評価
イベントに継続的に参加していることから、鳥取県のファンとなり参加を楽しみにしている方も多く、鳥取県の認知度向上に繋がっている。
昨年10月21日に発生した鳥取県中部地震の際には、松戸市からは2名が倉吉市へ災害支援に向かい、松戸市観光協会では義援金募集を開始。また、めぐろ童謡コンサートでも同様に義援金を募集してくださり、これまでの交流が着実に実を結んでいる。

財政課処理欄


要求額の財源内訳(単位:千円)

区分 事業費 財源内訳
国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
前年度予算 5,605 0 0 0 0 0 0 9 5,596
要求額 2,433 0 0 0 0 0 0 0 2,433

財政課使用欄(単位:千円)

区分 事業費 国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
計上額 2,433 0 0 0 0 0 0 0 2,433
保留 0 0 0 0 0 0 0 0 0
別途 0 0 0 0 0 0 0 0 0