現在の位置: 平成28年度鳥取県の補助金 の 元気づくり総本部の小さな拠点促進支援事業費補助金
鳥取県の補助金
補助金名:

小さな拠点促進支援事業費補助金

もどる  もどる
【問い合わせ先】
元気づくり総本部 元気づくり推進局とっとり暮らし支援課 中山間・まちなか振興担当 
(電話)0857-26-7961 (ファクシミリ)0857-26-8196
補助対象事業の概要 小さな拠点の形成を進めるために必要な運営経費や災害時における避難・防災施設としての機能を充実する取組を総合的に支援する。 小さな拠点の核となり、将来的に活動を担っていくリーダーの育成や先駆的な取組を行っている活動者を支援する。
補助対象経費 1小さな拠点としての機能形成・拡充を図るために必要となる運営経費

 ・機能形成経費:1地区当たり上限 5,000千円 (日本財団によるハード整備支援額の 1/10相当)

2小さな拠点を災害時における防災・避難の拠点とするための経費
 ・共助の仕組みの計画検討や、避難・防災施設としての整備備品・運営体制の整備・充実支援 

3小さな拠点担い手育成支援事業
 中山間地域において、旧小学校区や近隣の集落が連携した遊休施設等を活用した取組で、小さな拠点として発展が見込まれるものについて、次世代のリーダーとして概ね60歳以下の担い手を確保・雇用し、育成等に必要な以下の経費
 ・担い手活動費(担い手に係る給料・社会保険料・旅費等)
 ・担い手に対する研修等に必要な経費(受講料、旅費、賃金、需用費、使用料、燃料費等)
 ・地元での講習会、イベント開催等に必要な経費(講師謝金・旅費、印刷製本費、使用料、需用費等)
 ・その他事業実施に必要な経費

4スーパーコンパクトビレッジ推進員への活動支援
 ・地域リーダー等を「スーパーコンパクトビレッジ推進員」として位置付け、住民の話し合い促進や機能の形成・拡充といった
  小さな拠点づくりのノウハウを身に付けて県内の他の集落などへの横展開を図るために必要な経費

県予算事業名 小さな拠点機能形成推進事業
補助の種別 間接補助
事業実施主体 市町村 広域的な地域運営組織等
県からの交付先 市町村
負担割合 県:1/2・定額  市町村:1/3、以上 
1 拠点形成推進 定額支援(ただし、事業費全体での市町との負担割合1/2を前提)
 2 防災拠点化  県1/2  市町村 1/3以上
 3 担い手育成  県1/2  市町  1/2
 4 推進員活動支援 県10/10 
補助上限額 1 5,000千円  2 1,000千円  3 1,500千円  4   100千円 
申請期間 2017年4月1日〜
交付要綱 要綱(小さな拠点支援事業).pdf要綱(小さな拠点支援事業).pdf
交付要綱未改正等理由