現在の位置: 平成31年度鳥取県の補助金 の のとっとり暮らしワーキングホリデー支援補助金
鳥取県の補助金
補助金名:

とっとり暮らしワーキングホリデー支援補助金

もどる  もどる
【問い合わせ先】
交流人口拡大本部 ふるさと人口政策課 関係人口推進室 
(電話)0857-26-7648 (ファクシミリ)0857-26-8196
  
補助対象事業の概要 とっとり暮らし体験メニューをつくり、県外の若者を受け入れる企業、団体等を支援する。
補助対象経費 とっとり暮らしワーキングホリデー参加者受入に要する次の経費。

なお、参加者が負担する下記経費に対する助成に要する経費を含む。
(1)参加者の滞在に要する経費
 ・宿泊料
 ・お試し住宅利用料(光熱水費を含む。)
 ・従業員寮利用料
 ・寝具レンタル代 
 ・飲食代は対象外とする。
 ・同一の施設等を複数人で利用した場合は、1日あたりの金額を利用人数で除した額を対象とする。
(2)参加者の県内移動に要する経費
 ・公共交通機関利用料
 ・レンタカー、レンタサイクル代
 ・ガソリン代は対象外とする。
 ・同一のレンタカー等を複数人で利用した場合は、1日あたりの金額を利用人数で除した額を対象とする。
(3)(1)(2)を除く参加者受入れに要する経費
 ・労災保険、農作業中傷害保険及びボランティア保険等就労に伴い必要となる保険料
 ・作業着及び作業道具等就労に伴い必要となる経費
 ・交流イベント開催経費(軽食を除く飲食代は対象外とする
 ・参加者の来県旅費(往復)(公共交通機関に限る。ただし、鳥取空港の利用を促進する懇話会及び米子空港利用促進懇話会が実施する鳥取県内国内便エアサポート支援事業の支援を受ける航空運賃は対象外とする。)

県予算事業名 とっとりとの関係人口をふやす事業
補助の種別 直接補助
事業実施主体 市町村, 企業, NPO, 個人
負担割合 県:10/10 
補助上限額 県外から受入れる参加者1人あたり116,000円 ただし、各項目の上限は次のとおりとする。 (1)宿泊数×3,000円とし、参加者1人あたり66,000円を上限とする。   ただし、宿泊数とは県内施設に実際に宿泊した日数とする。 (2)滞在日数×1,000円とし、参加者1人あたり22,000円を上限とする。 (3)参加者1人あたり28,000円を上限とする。 県内から受入れる参加者1人あたり33,000円 ただし、各項目の上限は次のとおりとする。 (1)宿泊数×3,000円とし、参加者1人あたり18,000円を上限とする。   ただし、宿泊数とは県内施設に実際に宿泊した日数とする。 (2)滞在日数×1,000円とし、参加者1人あたり7,000円を上限とする。 (3)参加者1人あたり8,000円を上限とする。
申請期間
令和元年5月上旬から令和2年3月上旬まで
 ※交付申請前に、事業提案募集要領に基づき事業提案を行い、補助金交付対象団体に選定される必要があります。
補助金関連ページ https://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=274432
交付要綱 【R107改正】TWH交付要綱.pdf【R107改正】TWH交付要綱.pdf
【R107改正】R1TWH事業提案募集要領.pdf【R107改正】R1TWH事業提案募集要領.pdf
別紙1、別紙2 〔別紙1〕交付金手続きの流れ(R1とっとりワーホリ補助金).pdf〔別紙1〕交付金手続きの流れ(R1とっとりワーホリ補助金).pdf〔別紙2〕チェックリスト(R1とっとりワーホリ補助金).pdf〔別紙2〕チェックリスト(R1とっとりワーホリ補助金).pdf
交付要綱未改正等理由