現在の位置: 予算編成過程の公開 の 平成19年度予算 の 文化観光局のアートスタート「次世代鑑賞者育成事業」
平成19年度予算
当初予算 一般事業  課長要求      支出科目  款:総務費 項:企画費 目:計画調査費
事業名:

アートスタート「次世代鑑賞者育成事業」

もどる  もどる

文化観光局 文化政策課 文化芸術担当  電話番号:0857-26-7133


トータルコスト

  事業費(A) 人件費(B) トータルコスト
(A+B)
正職員 非常勤職員 臨時的任用職員
19年度予算計上額 3,064千円 1,867千円 4,931千円 0.22人 0.00人 0.05人
19年度予算要求額 3,064千円 2,906千円 5,970千円 0.35人 0.00人 0.05人
18年度予算額 2,000千円 897千円 2,897千円 0.10人 0.00人 0.00人

事業費

要求額:3,064千円  (前年度予算額 2,000千円)  財源:単県  

課長査定:計上   計上額:2,064千円

事業内容

1 目的
      芸術・文化活動者の裾野の拡大次世代鑑賞者の育成を図ることを目的に、未就学児を対象とした作品鑑賞・創造体験・公演鑑賞の機会を提供する団体に事業の実施を委託。

      2 背景
        • H16〜18年度の3年間、幼児期の子どもに質の高い芸術・文化に触れる機会を提供し、豊かな感性と創造性を育むことを目的にアートスタート支援事業をモデル的に実施。
        • 幼児期の子どもを対象とした芸術・文化活動の鑑賞機会の提供は、将来、芸術・文化を支えていくことができる人材の育成を図る観点から必要性が大きい。
        • 小学生・中学生には、鳥取県文化振興財団による芸術宅配便事業又は一般鑑賞事業への参加の機会がある。
        • 未就学児がアート体験できる機会は、幼稚園・保育園での日常の保育・団体鑑賞又は民間の鑑賞団体が行う鑑賞型の事業に限定される。
        • 未就学児がアート体験の機会に触れることで、豊かな感性と創造性を育むことが期待される。
          3 事業内容
      未就学児を対象とした作品鑑賞・創造体験・公演鑑賞の機会を提供する団体に事業の実施を委託。

      ○実施主体
        営利を目的としない団体で、未就学児を対象とした作品鑑賞・創造体験・公演鑑賞の機会を提供する団体

      ○委託業務内容
          未就学児を対象に作品鑑賞・創造体験・公演鑑賞の機会を提供する。
      ○実施方法
          @東部・八頭・中部・西部・日野の5地域で団体を公募し、地区ごとに実施団体を選定。
          (各地域2団体ずつ選定)
          A選定は、幼児教育・芸術等の専門家の意見を参考に、行政職員が行う。

      ○事業評価
          鑑賞者へのアンケート結果と受託団体による事業の検証結果を実績報告書に添付。
      4 所要経費  3,064千円
          • 委託料 3,000千円(300千円×2団体×5地域)
          • 報償費    56千円(@9,200円×3人×2回)
          • 特別旅費    8千円(3,600円/回×2回)

財政課処理欄


  計上額:2,064千円(原則1公演当たり200千円×10団体)
  補助金とし、プロデュース力向上の観点から、入場料に関係なく定額200千円とします。
  (ただし、事業費が200千円を下回る場合は事業費とします。)
  より多くの人が鑑賞できるように努めてもらってください。 

要求額の財源内訳(単位:千円)

区分 事業費 財源内訳
国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
前年度予算額 2,000 0 0 0 0 0 0 0 2,000
要求額 3,064 0 0 0 0 0 0 0 3,064

財政課使用欄(単位:千円)

区分 事業費 国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
査定額 2,064 0 0 0 0 0 0 0 2,064
保留 0 0 0 0 0 0 0 0 0
別途 0 0 0 0 0 0 0 0 0