現在の位置: 予算編成過程の公開 の 平成20年度予算 の 教育委員会の勤務時間管理システム整備
平成20年度予算
当初予算 一般事業  課長要求      支出科目  款:教育費 項:教育総務費 目:教職員人事費
事業名:

勤務時間管理システム整備

もどる  もどる

教育委員会 高等学校課 管理係  電話番号:0857-26-7539


トータルコスト

  事業費(A) 人件費(B) トータルコスト
(A+B)
正職員 非常勤職員 臨時的任用職員
20年度予算計上額 1,521千円 73千円 1,594千円 0.01人 0.00人 0.00人
20年度予算要求額 8,037千円 64千円 8,101千円 0.01人 0.00人 0.00人
19年度予算額 0千円 0千円 0千円 0.00人 0.00人 0.00人

事業費

要求額:8,037千円  (前年度予算額 0千円)  財源:単県 

課長査定:ゼロ 

事業内容

【目的】
      県立学校教職員の勤務実態を正確に把握することにより、教職員の健康管理(メンタルケア)のための保健指導の徹底や、効率性、実効性のある業務の見直しを進める
【背景】
    • 改正安全労働衛生法の完全施行(H20.4.1〜)
        • 時間外勤務が100時間/月(又は6か月間の平均が80時間/月)を超える者への医師による面接指導が義務化
        • H20.4.1から50人未満の事業所も対象になり、すべての事業所(県立学校)が対象となった。
    • H18、H19の人事委員会の人事管理に関する報告の中で、学校現場におけるICカード職員証導入の必要性を指摘。
    • 教職員組合からの要求(2006年度教職員の賃金・労働条件の改善に関する要求書)
【事業概要】
    • 知事部局と同様にICカードによる勤務時間管理システムを県立学校(31校)に導入。 《H20年度整備》
       
      ⇒ 効率的なシステムとするため、知事部局システムを活用
      【知事部局のシステム整備理由】
      • 所属長が行う職員の勤怠管理には機械的サポートが必要
      • ICカードによる登退庁時刻、旅費・休暇・時間外勤務システムのデータを取り込み職員個々の執務状態を管理
      • 導入後、ICカードは多機能型職員証としての利用を検討
    • 知事部局システムの活用により、現在運用中の旅費DBに加え、休暇DB、時間外勤務管理DBを順次導入して出勤簿の電子化、紙ベースの給与支払明細書等の廃止など複合的効果を発揮(知事部局システムと同機能となる) 《H20〜21年度整備》
      ⇒ ICカードシステムの導入が不可欠
    • システム整備に併せ、各学校内に時間外業務検討委員会(仮称)を立ち上げ、時間外勤務を中心とした業務の検証、見直しを推進する。 《H20年度〜》
      ⇒ 時間外業務の縮減、勤務時間の効果的活用

      【整備スケジュール】
(1)ICカードシステム導入
      平成20年4月 入札公告(ICカード機器リース)
      平成20年5月 ソフト開発発注(情報センター)
      平成20年6月 入札、機器設置
      平成20年7月 試行運用
      平成20年8月 本格運用
      平成20年9月 県立学校給与明細廃止
(2)時間外勤務管理DB等構築
      平成20年9月 教員用時間外勤務管理DB構築
      平成21年9月 学校用休暇DB構築
(3)勤務簿電子化 平成21年4月

【所要経費】


    《主な内容》
      • ICカード読み取り機設置 [64台(各校1台を基本。必要に応じ複数台設置)]
      • 教職員用ICカードの発行 [2,400枚]
      • 教育センター内へのWebサーバ設置 [1台]
      • 勤務簿閲覧システムの改修 [本庁用プログラムのカスタマイズ]

(1)債務負担行為(平成21年度〜平成25年度)

       ICカード関係機器リース費用 ・・・ 34,377千円

(2)平成20年度の経費(要求額)
      @学校用勤務簿閲覧プログラム開発委託・・ 1,796千円

      Aホストコンピュータ運用経費(8か月分)・・・   952千円

       ※20年8月〜21年3月分

      BICカード関係機器リース費用・・・・・・・・・・・  5,289千円

   ※平成20年度分(20年8月〜21年3月)

【行政経営推進課との協議状況】

 システム整備の方向性等について現在協議中。今後、以下の点について引き続き協議を行う。
  • 効果的なシステム導入スケジュール(休暇DB、時間外勤務管理DB、ICカードシステムの導入順序の整理など)
  • 要求内容の整理(将来整備予定の時間外勤務管理DB等開発経費を含めたシステム全体の要求とすることについて)
  • 教育現場におけるシステム整備の効果の整理

財政課処理欄

 
今の導入計画では経費が過大となるため、システム導入の順番をよく検討してください。

要求額の財源内訳(単位:千円)

区分 事業費 財源内訳
国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
前年6月補正後 0 0 0 0 0 0 0 0 0
要求額 8,037 0 0 0 0 0 0 0 8,037

財政課使用欄(単位:千円)

区分 事業費 国庫支出金 使用料・手数料 寄附金 分担金・負担金 起債 財産収入 その他 一般財源
査定額 0 0 0 0 0 0 0 0 0
保留 0 0 0 0 0 0 0 0 0
別途 0 0 0 0 0 0 0 0 0