県政一般・報道提供資料

株式会社大協組 小山社長からの「再エネ100宣言RE Action」への参加報告

2020年06月08日提供 資料提供


提供機関

提供課等:生活環境部低炭素社会推進課   担当/係名:新エネルギー担当 
電話番号:0857-26-7895  FAX番号:0857-26-8194

内容

このたび、株式会社大協組が2050年までに消費電力を100%再生可能エネルギーに転換する意思と行動を示す「再エネ100宣言RE Action」に、県がアンバサダーとして就任後初めて参加され、その報告及び決意表明のため知事を表敬訪問されます。

1 日時

令和2年6月12日(金)午後1時から1時10分
 ※全国知事会・新型コロナウイルス対応等の用務により日時変更・代理対応となる可能性があります。

2 場所

鳥取県庁3階第2応接室(鳥取市東町1丁目220)

3 訪問者

株式会社大協組
・代表取締役 小山 典久(こやま のりひさ) 氏
・専務取締役 松本 明(まつもと あきら) 氏
・環境建設事業部マネージャー 勝水 誠(かつみず まこと) 氏
・環境建設事業部マネージャー 西本 正敏(にしもと まさとし) 氏

4 内容

・出席者紹介
・株式会社大協組 小山社長からの報告及び決意表明
・平井知事あいさつ
・記念撮影

<参考>

■再エネ100宣言 RE Action(アールイー・アクション)
〇日本国内の中小企業や自治体、教育機関などが使用電力を100%再生可能エネルギーに転換することを表明し、ともに行動していく国内イニシアティブ(令和元年10月発足)
 ・本県はこの取組のアンバサダーに都道府県として初めて熊本県と同日付けで就任(令和元年12月)

〇参加団体:69団体(6月8日現在)
 ・本県参加団体:2団体(日本インテライツ株式会社(令和元年11月)、株式会社大協組(令和2年6月8日 ※アンバサダー就任後初))


■再エネ100宣言RE Actionアンバサダー
〇中央省庁、都道府県庁、政令指定都市が対象。企業等に対して「再エネ100宣言RE Action」への参加推奨を行うとともに、脱炭素化に向けた環境配慮経営の手法等について情報提供や支援を実施
 ・本県では、昨年度から続く新型コロナウィルス感染症の影響により自粛していた企業訪問等を5月14日の緊急事態宣言解除後に再開

〇就任状況(6月8日現在)
 ・鳥取県、熊本県のほか、外務省、環境省、防衛省、神奈川県、川崎市、京都市、さいたま市、浜松市、横浜市の計11団体


■関係サイトURL他
〇鳥取県生活環境部低炭素社会推進課公式:https://www.pref.tottori.lg.jp/288957.htm 
〇再エネ100宣言 RE Action公式:https://saiene.jp/

saiene100flyer.pdfsaiene100flyer.pdf

※この資料は、米子市環境政策課を通じて米子市政記者クラブにも提供しています。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。