県政一般・報道提供資料

株式会社サカモトからの東京ビエンナーレ天馬船プロジェクトでの智頭杉採用報告

2021年05月07日提供 資料提供


提供機関

提供課等:農林水産部森林・林業振興局県産材・林産振興課  
電話番号:0857-26-7302  FAX番号:0857-26-8192

内容

今夏に開催される「東京ビエンナーレ2020・2021」のイベント(天馬船プロジェクト)で使用される1万艘のミニ天馬船に智頭杉が採用され、天馬船を製作する株式会社サカモト(智頭町)及び関係者が知事に面談し、報告します。

1 面談日時

令和3年5月13日(木)午後1時から1時15分まで

2 場所 

県庁第4応接室

3 出席者

〇 株式会社サカモト(ミニ天馬船製作企業)
代表取締役 坂本晴信
智頭町 
町長 金兒英夫
山村再生課参事 西村浩明

4 東京ビエンナーレ2020・2021

〇 開催期間(予定)7月10日(土)〜9月5日(日)
〇 東京のまちを舞台に2年に1度開催する国際芸術祭。世界中から幅広いジャンルの作家やクリエイターが東京のまちに集結し、まちに深く入り込み、地域住民の方々と一緒に作り上げていく新しいタイプの芸術祭。「東京ビエンナーレ2020」が新型コロナウイルス感染症の影響で延期され、名称を「東京ビエンナーレ2020・2021」に改めて今夏に開催されるもの。

5 天馬船プロジェクト

〇 開催日8月9日(月)
〇 市民1万人が参加できるクラウドファンディング型天馬船レース。ミニチュアの天馬船(長さ約30cm)1万艘を神田川に浮かせてレースを行う。
〇 川の流れに任せて進む風景を楽しむとともに、水辺環境や河川に対する文化・景観意識を変えていく契機とする。天馬船は回収して再利用する計画。

6 智頭杉が採用された経緯

〇 智頭町は、都市部との交流事業を通じて以前から(一社)神田駅周辺エリアマネジメント協会とつながりがあり、協会が智頭杉での製作を東京ビエンナーレに提案。智頭町に相談した際に智頭町が(株)サカモトを紹介。両者で話がまとまる。


最後に本ページの担当課
   鳥取県令和新時代創造本部広報課
  住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    E-mail  kouhou@pref.tottori.lg.jp

  ※提供内容については、画面上部にある「提供機関」に直接お問い合わせください。